シングルスに関する記事一覧


たまろん シングルス

バドミントンには、ダブルスとシングルスがあります。そして、それぞれによって戦い方や戦術が違います。勝つためには、それぞれの戦術をしっかりと覚えておきましょう。

練習法 よみちい シングルス

いくら強くて鋭いスマッシュを打てても、それを返されたときに反応ができなければ負けてしまいます。そのため、強いショットを打つことも大事ですが、反応して拾えるフットワークを速くしておく必要もあります。

練習法 よみちい シングルス

バドミントンには、シングルスとダブルスがありますよね。そんな中、シングルスでスマッシュが苦手な選手もいます。苦手だからそのままにしておくのではなく、苦手だからこそ必要なこともあります。

練習法 小田ゆうか シングルス

シングルスで中々攻められないと悩んでいる選手がいますよね?相手を攻めることができるようになる2つの方法を知れば、ラリーの主導権を握ることができて、攻めることができます。

講師一覧 有田圭一 ダブルス シングルス

今回は、点数を取るの中でも「思考を騙す」について、お話をしていきます。私はバドミントンには詰将棋的な要素が多く含まれると思っています。ですので、強打やコントロールショットは武器になりますがそれだけでは勝てません。大切なのは騙すこと。そして常に何か策があると思わせるように淡々とプレーすることは一つの戦術だと思っています。

講師一覧 有田圭一 シングルス

コントロールが今一つ安定しない状態でも、なんとか失点を減らし、自分の得点へとつなげるために中央付近を狙うというお話を前回しました。今回は徐々に狙う場所を広げていくイメージで考えていきます。

練習法 パフォーマンスUP ダブルス シングルス

今回は、シングルスプレーヤーを大きく3つに分けたときの「ダブルス型プレーヤー」の特徴を伸ばすための代表的な練習法をご紹介します。この戦術を得意とするプレーヤー低い展開で攻めるタイプです。まずは自分はどんなプレースタイルなのか、自己分析をしてみて、今回ご紹介するシングルスの「ダブルス型タイプ」の練習法を取り入れてみてください。