わたなべ

夏が近づき、暑くなってきましたね。そんな中、バドミントンをやっている人が気を付けたいのが熱中症です。室内競技であるバドミントンでは、熱中症になる可能性が高いからです。

シモーヌ

小学校には、PTAがありますよね。そのPTAには、PTAクラブというものがあります。そこには、多くのママさんが在籍します。普段の子育てやストレスから離れて、自分だけにフォーカスする時間が取れるからです。

練習法 有田圭一 レシーブ トレーニング

実際にシャトルを打つ際に、何を意識すればいいのでしょうか?オーバーハンドやレシーブ時に、何を意識すれば得点を取ることができるのでしょうか?

ダブルス

【バドミントン上達塾】ミックスダブルスでラリーを有利に進めるためには、まずは前衛に女子、後衛に男子を置くことが重要です。また、女子選手が攻められても、上手く凌げるパターンを持つことも重要。今回は、素早くトップ&バックに入る方法と、女子選手が狙われた時の対処法をお伝えします。

練習法 長谷川淳一

バドミントンを上達して結果を出すには、毎日の練習やトレーニングが重要ですよね?そんな中で、練習やトレーニングの成果を試合で最大化するにはどうすれば良いのでしょうか?特に、バドミントンを始めたばかりの初心者は、どうすれば上達して試合に行かせるのでしょうか?

カット よみちい パフォーマンスUP

バドミントンで必要なスキルである「カット」。そんなカットですが、浮いてしまったりネットに引っかかったりと、簡単にはできません。そのため、カットが上達する方法をお伝えします。

わたなべ

バドミントンをしていると、したくなくてもケガをしてしまう時があります。これは、しょうがないです。しかし、そのケガをした時の予防策を知っているか知らないとでは、その後に大きな影響があります。

有田圭一 フットワーク

フットワークのタイミングが合わずに悩んでいる。シャトルを打つときにもタイミングが合わない。その理由は、「跳びすぎ」かもしれません。そして、タイミングを合わせるには自分や相手のプレーだけでなく、それ以外のことにも気を配る必要があります。

練習法 トレーニング 長谷川淳一 テクニック

バドミントンを始めたばかりの初心者は、どうすれば上達するかを考えますよね?しかし、思うように上達しない。これは、バドミントンをしていれば、誰しもが通る道です。では、どうすれば上達するのでしょうか?

よみちい パフォーマンスUP

どのスポーツにも上手な選手はいます。また、自分よりも上手い選手は山ほどいます。そんな上手い選手のプレーを見ろと、言われることがありますよね?なぜ、上手い選手のプレーを見ることが重要なのでしょうか?