コラム

バドミントン上達塾では、日ごろからブログ記事やSNS、メルマガなどでの情報配信をご覧いただいている皆様に、グリップテープ10本を抽選で2名様にプレゼントいたします!

講師一覧 岩垂潤 メンタル パフォーマンスUP

指導者や保護者は選手や子どもとどのように関わり、モチベーションを高めて成長させるサポートをしていくことが、何故大事なのか?試合で勝つためにも、上達スピードを加速させるにも、モチベーションを高い位置で保たせてあげるこは非常に重要で鵜s。

講師一覧 有田圭一 コラム

今回は、私の中学~大学生時代の話をしながら、バドミントンでの工夫した出来事について記事をまとめてみました。自分の置かれた環境や、その当時の心境からどのような工夫をしてきたのか、皆様の参考になれば幸いです。

講師一覧 有田圭一 ダブルス シングルス

今回は、点数を取るの中でも「思考を騙す」について、お話をしていきます。私はバドミントンには詰将棋的な要素が多く含まれると思っています。ですので、強打やコントロールショットは武器になりますがそれだけでは勝てません。大切なのは騙すこと。そして常に何か策があると思わせるように淡々とプレーすることは一つの戦術だと思っています。

講師一覧 岩垂潤 メンタル パフォーマンスUP

バドミントンに必要なメンタルとは、どんな時もプラス思考で物事を捉えて実行できる考え方だと私は考えます。バドミントンの試合はお互いの力が拮抗すればするほど、プレーが組み立てたとおりにいく時とそうではない時、流れが自分にある時と相手にある時など、状況が目まぐるしく変化します。

講師一覧 有田圭一 メンタル パフォーマンスUP

今回は、点数を取るの中でも「感情を騙す」について、お話をしていきます。「人は感情の生き物である」と言われるように特にトーナメント試合では喜怒哀楽がよく見られます。感情の中で最もプレーに影響するのは「怒り」。この感情をコントロールすることで、結果も大きく変わってきます。

講師一覧 岩垂潤 メンタル パフォーマンスUP コラム

集中力が高い状態を持続できるチームや選手は高い確率で結果を出すことができます。選手や生徒の集中力を持続させるために重要なことは、集中できる時間を考慮した練習の中で、やるべきことを明確にして練習に取り組ませることです。

講師一覧 有田圭一 スマッシュ クリア・ドリブンクリア テクニック

バドミントンで点数を取るめの方法として「時間を騙す」ことについて解説いたします。早く言えばタイミングを狂わせるということですね。スマッシュなどの強打を見せる中でも、切ってみたり、コンパクトにスイングしてみたり、打点を変えたりと、様々な工夫をすることで攻撃のバリエーションとともに、得点をとれる可能性は上がってきます。

講師一覧 岩垂潤 コラム

時代の流れと共に、スポーツ界においても指導の在り方が重要視されている昨今、「選手主体のチームづくり」についても練習に訪れた指導者や先生方によく質問をいただきます。選手主体のチームに育つと、計り知れないほどの効果があります。その選手や生徒が自ら行動し、より良い組織にしていくために自分たちで考えて切磋琢磨して、結果を出していくのが選手主体のチームです。

講師一覧 有田圭一 トレーニング パフォーマンスUP

ストレートに打つかクロスに打つか。もちろん人それぞれ癖がありますので一概には言えませんが、私の感覚では体の向いている方向、もしくは肘を引いた逆側にシャトルが来ることが多いです。右利きの場合ですが、フォアハンド奥からは十分に半身が作れればストレート、半身が浅ければクロス方向に来ることが多く、ラウンド側からは十分に半身が作れればクロス方向、浅ければストレート方向へと来ます。