メンタルに関する記事一覧


メンタル パフォーマンスUP

バドミントンは室内競技とはいえ、試合会場によっては風が吹いている場合があります。ですので、大会会場でもし風を感じたら、どの方向に吹いているのか確認する必要があります。今回は、風向きに対しての簡単な対策法をご紹介いたします。

メンタル パフォーマンスUP

今回は、調子が悪い時はどう戦えばいいのか、というところにスポットを当てて記事を書かせていただきました。試合までに考えておくべき試合の対象法と試合中の対象法も合わせてご紹介させていただきましたので、ぜひご覧ください。

メンタル パフォーマンスUP

試合になると緊張してしまって、いつもの練習のようにうまく返せずにミスを多発するという人が多くいます。試合でいつもの自分の力を出し切れずに負けてしまうというのは、悔しいものです。これは、心的な要因があなたの本来の能力を引き出すのを妨げているのです。自分のメンタルのコントロール方法を知って、試合で勝っていきましょう。

メンタル パフォーマンスUP

大会では、常に自分の流れで進めていくことは非常に困難です。ですが、これが対人競技であるバドミントンの難しさであり、面白さでもあると思います。そこで、試合で相手に流れがあるときの対処法について、まとめてみました。

メンタル パフォーマンスUP ダブルス

前回は、ダブルスで「どのように攻撃へとつなげるか」という、テクニック的な考え方をお伝えいたしました。本日もダブルスで有利に立つための、心の持ち方についてお伝えいたします。

講師一覧 有田圭一 テクニック メンタル

「どうしてこんなにクリアのバックアウトが多くなるのか」原因が分からず悩んでいませんか?原因はメンタル面だけでなく、コートの見方にポイントがあります。

講師一覧 有田圭一 メンタル パフォーマンスUP

あなたは負け癖がついていると思ったことはありますか?試合は「試し合い」なので、自分を捨てて、相手と共にゲームを作っていこうとする共感が大切です。今回は試合で負けないような思考の作り方を教えます

テクニック メンタル

理論ではそうなのですが、そう言われてもなかなかその違和感の原因を感じられないことがあります。やはりその違和感を感じるためにはとにかく練習で打つ中でうまくいった感覚を感じるしかありません。その時に「ああ、また飛ばない」という思うことは感覚を研ぎすますのを妨げます。結果に拘らずとにかく感じる事です。

講師一覧 有田圭一 メンタル

「いい位置で打つ」これは相手にショットを読ませない、狙ったところへ正確に打ち込むために大切なことですが、そのいい位置に入る前に何となく違和感を感じて上手く打ち出せないことが多くありました。上手く打ち出すことが出来ないとそのショットを評価してしまい、次への反応は遅れます。