【バドミントン・シングルスの戦術】レシーブからチャンスを作る方法

シングルス

この記事では、レシーブからチャンスを作るシングルスの戦術を紹介します。

バドミントンのシングルスは一人でコート内で戦っていく中で、強烈なスマッシュを相手から打ってきても返していかなければなりません。

試合に勝てるように戦略を練りながら戦っていく中で、レシーブをしっかりと行ってポイントに結びつける方法も把握しておかなければなりません。

決して力任せにならず、戦術を練ってシングルスを戦っていくようにしましょう。

的確なレシーブを打っていくように常に考える

バドミントンのシングルスにおける戦術で求められるのが、攻めや守り方に関する手法です。

事前に頭に入れておくとともに、その内容から相手のタイプに合わせて理想の戦術を活用していくことが求められます。

その前に自分のプレースタイルを振り返り、内容に見合った戦術を探すことが重要です。

シングルスで求められるレシーブなどの戦術

相手がもしもレシーブが上手だった時には、戦術として次の攻撃を行えないように封じ込める必要があります。

そこでボディへ向けて打つことが有効で、体に近ければ相手はラケットを振ろうとする時に窮屈に感じます。

スペースがとにかく無くなってしまうので、強いレシーブを打てなくなります。

ラケットをしっかりと振れなければ、コートの奥へ打ちづらくなってしまいます。ミスショットも狙えるので、ポイントに結びつけることができます。

また、シングルスで相手の体勢を崩すために、レシーブをボディへ向けて打つとともに前後左右に振ることも必要です。

試合を有利に進めていくには体力を奪っていけるように相手を動かすことで、フェイントなどを仕掛けながら打ち返してミスを誘っていくといいでしょう。

これで多彩な打球を考えていくことができるため、よりラリーの主導権を握れます。

強烈なショットに対するレシーブを考える

強烈なショットを打たれないようにするには、しっかり封じ込められるようにカットの使い分けも重要です。

長短をつけながらネットに近くなったらヘアピンを活用し、長ければ入れる前提でしっかりと打ち返していくことが求められます。

強烈なショットは相手によってスマッシュを考えることもあるので、とにかく打たせないように位置を常に考えながらレシーブを行うことが重要です。

しかし何度も続くと単調な攻撃になってしまうこともあり、打開しないとポイントに結びつけることができません。

そこでハーフスマッシュなども活用しながらメリハリを付けていき、相手のミスを誘発していくといいでしょう。

攻撃の糸口を作れるレシーブを使った戦術を考える

レシーブを的確に打っていくことによって、自分の攻撃にちゃんと活用することができます。

事前に戦略を考えておくことによって、着実に自分にポイントが入ってくることでしょう。

中でもクロスを活用しながら攻撃の糸口を掴むことができ、オープンスペースを作りやすくなります。

シャトルをコースや速さそしてタイミングで返していく

バドミントンは様々なテクニックがありますが、効果的なレシーブを打っていくにはコースや速度そして放つタイミングが重要です。

コースは相手のオープンスペースを見出し、そこへ的確に打っていく力が求められます。

早く落とすならば速度も求められますが、打点をどこにするかも考えないといけません。

素早く動けるならば打点を少しでも高い状態でも返していくことが重要ですが、相手を少しでも速くレシーブを行うことで疲労させることが可能です。

ミスショットもしっかりと誘い出せるように打つことができますが、速度などを出せない時には早く返そうと考える必要はありません。

的確にタイミングよくレシーブを打って、ポイントにつなげることが必要です。

奥までレシーブは上げて打っていくことが重要

バドミントンにおける戦術において、レシーブは非常に重要なテクニックです。

レシーブのうまい人から練習方法などを学びながら、奥へ極力レシーブを打っていけるように練習を積んていくことが重要です。

シングルスでは奥へレシーブを打っていくことによって、相手はネット前にいれば走らなければ追いつくことができません。

レシーブを的確にコートの奥へ打てるトレーニングを積んでいくことによって、着実に相手の体力を削りながらポイントに結びつけることができます。

長期戦になると効果的なので、戦術としてレシーブは奥へ打っていくことを決めておきましょう。

まとめ

レシーブを的確に打っていくことによって、バドミントンのテクニックも自然とレベルアップします。

わずかでも相手よりテクニックや体力面で勝っていれば、ポイントで大きな差が生まれていくことでしょう。

シングルスでは自分で力量を見せながら戦っていくことができるので、勝利するとより楽しいと感じることでしょう。

その中で戦術としてレシーブは非常に重要なテクニックなので、自分に見合った方法を考えていくようにしましょう。

■あわせて読む
⇒ 【得意を伸ばす!】シングルスの「ラリー型タイプ」の特徴と練習法
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中