トレーニングに関する記事一覧


トレーニング パフォーマンスUP

手首だけで相手コート奥までシャトルを打ち返す。上級者の試合を見ていると、手首だけですごい威力のある球を飛ばしているように見える選手もいますよね。バドミントンにおいて手首の使い方は非常に重要です。そこで今回は、バドミントンに必要な手首の基本の動きや、トレーニング法(鍛え方)などについてまとめてみました。

トレーニング パフォーマンスUP

「スタミナがある・ない」という言葉をよく耳にすると思います。ですが「スタミナ」とは、いったい何を指すと思いますか?長距離が早く走れる事や、ラリーに粘りがあるなど、イメージはたくさんあると思います。そこで今回は、バドミントンとスタミナ、有酸素運動の関係についてお話したいと思います。

トレーニング テクニック パフォーマンスUP

「遠くに飛ばそうとして、大振りになっている」このように感じたことはありませんか?もしくは、誰かに言われたことがありませんか?今回の記事では、スイングをコンパクトにするためのコツをご紹介いたします。様々な利点(メリット)がありますので、ぜひ覚えていきましょう

練習法 トレーニング パフォーマンスUP

バドミントン上達のために、がむしゃらに練習するだけではいけません。ですが、実際に練習以外に何をすればいいかわからない、という方も多いはずです。そこで今回は、バドミントン上達のために最低限やってほしいことと、パフォーマンスを上げるトレーニングをいくつかご紹介いたします。

トレーニング パフォーマンスUP

バドミントン技術のうち、スマッシュやクリアなどのオーバーヘッド系のパフォーマンスに直結するのが、肩関節、肩甲骨まわりの柔軟性や筋力です。肩まわりの柔軟性を高め、可動域を広げることで肩のトラブルを防いだり、スイングの改善ができます。まずは動きをチェックして、そしてストレッチを行ってください。

トレーニング パフォーマンスUP

この記事では、素早いスタートを切るための姿勢(構え)についてご紹介します。前後、左右、斜めと360度方向に素早く動き出すバドミントンでは、正しい待球姿勢が非常に重要です。正しい姿勢が、素早い動き出しに繋がります。状況判断からいいスタートが切れるように、自分の待球姿勢を確認してみてください

トレーニング パフォーマンスUP

自宅でできるトレーニングである体幹トレーニング。数年前から「体幹トレーニング」がスポーツの間では話題になっていますが、「体幹を鍛える意味は?」「どんなメリットがあるの?」と、よくわからないまま何となくやっている方も多いのでないでしょうか。そこで、体幹を鍛えるメリットと、何を鍛えるべきなのか、まとめてみました。

トレーニング パフォーマンスUP

今回の記事は少し趣向を変えて、体のケア【腰痛】についてお話ししようと思います。バドミントンでは腰痛持ちの方が、多いと聞きます。特にオーバーヘッドスポーツ(バドミントン、テニス、野球、剣道など)には特に多いカラダの悩みだそうです。そんな腰痛持ちの方に、腰痛の原因とケアについてご紹介いたします。

講師一覧 有田圭一 トレーニング パフォーマンスUP コラム

「強く、素早く動き出す」なんてイメージで動くと、かえって動き出しが遅れたり、打った後の次の動きで足が出ないということが起こります。やはりそれはバランスを崩しているということですね。シャトルの後ろに入って打ち出すことはとても大切なことですが、そうはさせないと相手もこちらの動きを止めてくるのは当然の戦術です。

講師一覧 レシーブ トレーニング 藤本ホセマリ テクニック パフォーマンスUP

レシーブが安定しないのは「打点がズレる」ことや、「タイミングが合わない」などのほかに、「股関節と殿筋部分の筋肉がうまく使えていない」という理由もあります。皆さんはちゃんと使えていますか?