有田圭一に関する記事一覧


有田圭一 トレーニング

バドミントンには、タメを作ってタイミングをずらす方法があります。しかし、その多くはシャトルを打つまでの時間が長いために、ずらさらざるを得ない状況でです。スピードアップをしてタイミングを合わせることができれば、思い通りに試合を運ぶこともできます。

有田圭一 トレーニング

習慣化には、身体や思考と種類があります。普段の生活からそれらを意識することで、バドミントンの上達に繋がります。

有田圭一 メンタル

普段の生活から、マイナスイメージをプラスイメージに変える思考を持つことは大事です。そして、それを習慣化することはもっと大事です。

有田圭一

普段の生活から、習慣にしていることはありますか?習慣化するには、大きなエネルギーが必要ですが、習慣化ができる事はバドミントンにも繋がります。

有田圭一

速く上手くなりたいと思う選手は多く、速く上手くさせたい指導者も多いですよね。そこから、色々な事を学ぼうとしますが、学ぶだけで実践しなければ上手くはできません。学んだことを実践して、経験を積んで修正する。この繰り返しが大事なんです。

有田圭一

バドミントンだけでなくスポーツをやっていると、必ず負けという経験をすることがあります。そうすると、負けるのが嫌で辞めてしまう選手もいますが、負けを経験してからできることもあります。

講師一覧 有田圭一 コラム

余計なラケット動作をなくすためには、シャトルを打つイメージから変える必要があります。そのためには、腕ではなく肩甲骨やひじの動きが重要になります。

講師一覧 有田圭一 コラム

これは面白い!と心が感じたらまず始めること。やれない言い訳は考えないこと。リスクなんかない、やってみるとすべてが経験、学びであること。そんなことを痛感させられた学びの一年となりました。

講師一覧 有田圭一 トレーニング メンタル パフォーマンスUP コラム

この記事ではバドミントンのパフォーマンス向上のための小ネタをいくつかご紹介いたします。嘘のような本当の話ですので、気軽に見てください。どれか一つでもお役に立てれば幸いです。

講師一覧 有田圭一 トレーニング メンタル パフォーマンスUP

バドミントンのパフォーマンスを高めるためにも、体のケアは必要不可欠。その中でも今回は睡眠と環境についてお話をいたします。「睡眠不足は万病の元」とはよく言ったもので、続くとほぼ体調に支障をきたします。わかっていてもついつい夜更かしをしてしまうのですが、睡眠は不足の負債を抱えてもそれを返済することができないと言われています。