バドミントン・シングルスの試合の組み立て方が分からない方必見!

シングルス

バドミントンのシングルスの試合の組み立てをしたいけどよくわからない。

シングルスの組み立てを、できるようになりたいと思いませんか?

この記事では、シングルスの試合の組み立て方について解説しています。

ぜひ参考にして、これからシングルスの試合の組み立てができるようになってください。

自分の得意なプレーから試合を組み立てる

組み立てがわからない場合は、自分が得意としているプレーを基準として試合を組み立てましょう。

バドミントンのプレースタイルを大きく分けると、

  • オフェンス型
  • レシーブ型

2つにわかれます。

まずは、自分がどっちのプレーを得意としてるのか分析しましょう。

すでに理解している人は、次に紹介する方法を参考にしてください。

オフェンス型の試合の組み立て方

オフェンス型の場合は、相手にシャトルを上げさせる配球をしましょう。

相手にシャトルを上げさせて、自分が攻撃できるチャンスを増やす必要があります。

具体的にどのようなショットを使えばいいのかというと、ヘアピンや奥までしっかり追い込んだクリアーを使いましょう。

相手が攻撃的なショットを打ってきた場合は、出来るだけ短くレシーブしてシャトルを下から触らせてください。

そうすることにより、シャトルが上がる確率が高くなります。

ディフェンス型の試合の組み立て方

ディフェンス型の場合は、奥までシャトルを返し構える時間を作りましょう。

いくらディフェンスが得意だといっても、構える前に打たれてしまったら返球するのは難しいからです。

試合の組み立てとしては、しっかり奥までシャトルを返すのと相手がどこに打ってくるのかわかる場所に返球しましょう。

相手の体勢を崩した状態で、返球させるのがコースを限定させやすいです。

どうすれば相手の体勢が崩れるかというと、ラケットを立てた状態で返球できるとフェイントにもなり体勢を崩せます。

初めのうちは難しいかもしれませんが、練習しているうちにできるようになるので続けてください。

返球してくるコースを、予測する練習も常にしましょう。

相手のプレーから試合を組み立てる

相手のプレースタイルから、試合を組み立てる方法もあります。

得意なプレーをさせず、流れに乗らせないようにするためです。

自分の得意なプレーをしても、勝てなそうな時に試してみてください。

この場合も、大きく分けて2パターンあるので解説します。

オフェンス型が対戦相手の場合

相手が攻撃できないような、試合の組み立てをしましょう。

攻撃したいのにできないと、焦らせて思うようなプレーをさせないようにするためです。

スマッシュなどのショットを得意とする相手と当たった場合は、出来るだけシャトルを上げずにネット前に落としたり低い展開の試合をしましょう。

どうしても上げないといけない場合は、コート奥までシャトルを確実に返してください。

短くなってしまうと、打ち込まれてしまい相手のペースになってしまいます。

ディフェンス型が対戦相手の場合

相手が構える前に、攻めて得点を取りましょう。

十分な体勢でレシーブされると、決めるのは難しいからです。

どうすれば体勢が崩れるのかというと、前後左右に動かす必要があります。

そのほかには、コースギリギリのショットを打てれば体勢が崩れているので次のショットで決めやすくなります。

1発で決めるのではなく、何度も連続で攻撃をして決めるイメージを持ちましょう。

そして、シャトルが床に着くまでは気を抜かないようにしてください。

バドミントンの試合に考えて臨むようにしよう

試合の組み立てがわかってくると、今までよりさらにバドミントンが楽しくなってきます。

組み立てを試合前に、考えてから試合に臨んでその通りに勝てたらとても嬉しいです。

色々試して、今までより試合で勝てるようになりましょう。