シングルスに関する記事一覧


シングルス

シングルスの攻撃型プレーヤーの中にはダブルスのように体回りの対処が上手く、そのテクニックの旨さを利用してシングルスを戦う選手もいます。このような選手と試合で当たったときの対処法を、わかりやすくご説明いたいます。

シングルス

守備が得意な選手は、スマッシュを粘りずよくレシーブしたり、四隅に配球して相手を動かしたりするのが得意です。そんな相手と戦うときはどうすればいいのか?今回は、シングルスでの守備が得意なプレーヤーの基本的な対象法をご紹介いたします。

シングルス

相手の"癖"を見抜き、弱点を見つけ、攻めていくことが非常に重要になってきます。ただ「癖を見つける」と言いましたが、どこの着目してみればいいのか分からないという選手もいるかと思います。そこで、まずは相手の足の動きに注目して観察してみてください。その方法をご紹介いたします。

レシーブ テクニック シングルス

シングルスのスマッシュレシーブについて解説です。バドミントンはダブルスでも、シングルスでも自ら攻撃することが勝利への条件となります。ですが、きちんと守ることもできないと格上の選手と対戦し、一方的な攻撃を仕掛けられると太刀打ちできません。そこで、サイドラインのスマッシュレシーブにスポットを当ててご説明させていただきます。

ダブルス シングルス

今回は、攻撃的にラリーを仕掛けるための一つの方法をご紹介します。スマッシュに自信のない方は、紹介するようなカットを駆使した方法も攻撃的戦略の一つです。

ダブルス シングルス

今回は、フットワークを逆手に取った、攻撃の方法についてご紹介いたします。体ではわかっているけど、いざ試合になると、気づかないこともたくさんあります。小さな事かもしれませんが、有効な攻め方ですので、ご覧ください。

フットワーク ダブルス シングルス

「練習では上手くできてるのに、試合になるとミスが多くなる」このような、悩みを抱えた選手も多くいますし、ご相談もよくあります。上手くいかない原因は、人それぞれですが、試合で上手くいかない多くの原因は、「体の使い方」にあります。今回は、試合でも練習通りにできるための方法と練習のコツをご紹介します。

シングルス

シングルスでの戦い方で「得意を封じる」方法をお伝えいたしました。が、今回は、苦手をついていく(弱点を攻めていく)方法をお伝えします。初心者やシングルスが苦手な人は、ぜひご覧ください。

シングルス

対人競技のバドミントンでは、戦い方も色々あります。相手によって戦い方を変えていくのが望ましい方法です。この考えは、シングルスでは特に重要です。そこで基本となるのが、「苦手を突いていく」か「得意を封じる」こと。今回は、相手の得意を封じていく方法についてお話します。