ショットに合わせた最適のグリップを覚える

スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ サービス・サービスレシーブ テクニック

ラケットの握り方(グリップ)は一番最初に覚えることですが、一般的に正しいグリップでシャトルを打とうとすると、意外と難しかったりします。

基本、バドミントンではラケットの握り方に絶対的な正解(正しい握り方)はありません。

ですが、イースタングリップやウエスタングリップ、バックグリップと名前があるように、それぞれの握り方で、打ちやすいショットがあります。

ただ、先ほども言ったようにラケットの握り方には絶対的な正解はないので、先ほど説明したグリップのみに固執しすぎないことが重要です。

そこで今回は、グリップの持ち方と握り方など、それぞれの特徴を解説しながら、グリップの重要性についてご紹介いたします。

・あるショットが上手く打てない
・グリップの矯正に悩でいる
・バドミントンを初めて間もない初級者

以上のような方は、ぜひ一度今回の記事を見て、参考にしてみてください。

イースタングリップ

イースタングリップは基本の持ち方です。包丁を握り様な状態です。

 

構えるときは、このグリップで持ちましょう。フォアや、バックなどに持ち変える一番自然な状態です。

また、オーバーヘッド、アンダーハンドなど大きなスイングで飛ばすためには打ちやすい持ち方で、回内回外を使ったスイングなど正しい腕の使い方を習得するには、この持ち方が必須です。

指のリラックスが重要!

握り替えのためにも、グリップを握るときの指の力加減も大切です。

指と指の間に隙間がないくらい強く握ると、指先を動かすのにも手間どってしまい、うまく握り替えができません。

基本は握りこまないように、親指と人差し指の腹でグリップをつまむように持ちます。

グリップとの間に空間ができるぐらいがベストです。

基本は、この親指と人差し指でグリップの握り替えを行いましょう。

 

そして、中指・薬指・小指で軽く持ち、打つときはこの3本の指でぎゅっと握りこむように打ちましょう。

人差し指に力を入れて打つと、手首を固定してしまいます。繊細なラケットワークができなくなるので、注意してください。

★おススメの握り方

(1)人差し指と中指の間を空ける。
(2)人差し指第1~2関節の腹でグリップを支える。
(3)人差し指と親指の付け根(V字部分)は、反対の人差し指が入るくらいの空間を作る。

ウエスタングリップ

ラケットを握り、手の甲が上になるような握り方です。フライパンを持つような状態になります。

 

このグリップは手のひらと同じ方向にラケット面がくるので、感覚的のも面がどの方向に向いているのか、一番わかりやすい握り方です。

しかし、実際にはデメリットが多く、ほとんどこのグリップで打つことはありません。

(唯一の利点といえば、顔の真正面やフォア側のプッシュは取りやすくなります。)

握り方を教わっていない初心者にはこの持ち方が多いです。

ですが、高い競技レベルを目指すのであれば、この持ち方はあまりおススメできません。

応用① イングリップ

イースタンからグリップを内側に傾けた握り方です。ウエスタンとイースタンの中間の握りともいえます。

 

このグリップは様々なショットが打ちやすいグリップです。

・スマッシュ
・クリアー
・リバースカット
・ハイバック
・ドライブ(フォア)
・ヘアピン(フォア)

など、はこのグリップの握り方で打つほうが打ちやすくなります。

とくに打点を下げたヘアピンを打つときなどは、このイースタングリップで面を作っていくほうが打ちやすくなります。

応用② アウトグリップ

イースタングリップから外側に傾けた握り方です。イングリップの逆の握り方とも言えます。

 

このグリップで打ちやすいのは、

・カット
・サイドのレシーブ(フォア、バック)
・プッシュ
・ヘアピン(バック)

など、ダブルスでは多様することの多いグリップの握り方になります。

親指は折らない・握りこまない

センターグリップから握り替えるときに、親指を折らないことと、握りこまないを覚えておきましょう。

特に初心者の方には多いですが、グーを作るように親指を折って握りこむと、スムーズなグリップチェンジができません。

また、状況によってはサムアップ(親指を立てて持つ)ことも必要になってくるので、折って握ると対応ができなくなります。

ですので、親指はグリップに軽く添えるだけにしておきましょう。

まとめ;飛ばしたい方向に面を作ることが重要

今回は様々なグリップの握り方と、それぞれの利点をまとめました。

冒頭でも話したように、グリップに「これ!」といった決まりはありません。

一番大事なのは「打ちたい方向にきちんと面を作ることができる」ことです。

この記事で紹介したのは、あくまでも「このグリップなら打ちやすい」ということ。

つまり、グリップの握り方の『基準』です。

この『基準』を軸として、あとは自分なりに微調整をしていき、思ったようなショットが飛ぶような握り方を探していくようにしましょう。

グリップの微調整ができるようになれば、今まで微妙に調整ができにくいと感じて、上手くいかなかったショットも、改善できるようになります。

ぜひ、いろんなグリップを試してみてください。