パフォーマンスUPに関する記事一覧


練習法

バドミントンにおいて、基礎打ちってすごく重要ですよね。バドミントンが上手くなりたいと思っているのであれば、普段の練習での基礎打ちは大事になってきます。

練習法 よみちい シングルス

いくら強くて鋭いスマッシュを打てても、それを返されたときに反応ができなければ負けてしまいます。そのため、強いショットを打つことも大事ですが、反応して拾えるフットワークを速くしておく必要もあります。

練習法 フットワーク

バドミントンの命でもあるフットワーク。その重要性は理解できたけど、実際どうやって取り組めばいいかが分からない。そんな選手や指導者もいると思います。そこで、フットワークの具体的な練習方法についてお話しします。

有田圭一 メンタル

バドミントンの楽しさって、一体何でしょうか?バレーボール漫画の「ハイキュー」から考えてみましょう。

パフォーマンスUP

バドミントンでは、スマッシュを打つ機会が多いと思います。そのため、肩を酷使することが多く、肩を痛めることも増えます。では、なぜ肩を痛めるのでしょうか?また、どうすれば肩を痛めないようにできるのでしょうか?

練習法 よみちい

バドミントンで、試合になるとミスが増えるといった悩みが多いと思います。その原因の一つに、シャトルの下に入るのが遅いことが考えられます。そのため、シャトルの下に速く入れるように意識して、練習に取り組んでみましょう。

フットワーク

バドミントンを始めたばかりの選手や、そんな選手を指導する指導者。そんな人たちがまず意識したいのは、フットワークです。バドミントンの命でもあるフットワーク。そんなフットワークでも、何を意識するといいのでしょうか?

有田圭一 メンタル

バドミントンで勝ったり悔しい思いをすると、モチベーションが上がりますよね。負けると下がりますよね。人間なら、モチベーションの上下があることはしょうがないことです。問題は、それを理解して自分をコントロールすることです。

トレーニング 小田ゆうか

バドミントンが上手くなるために、バドノートをつけている選手は少なくないと思います。たしかにバドミントンが上手くなるためには、バドノートは取り組んだ方が良いです。しかし、ただ書いているだけでは効果的ではありません。せっかく取り組むなら、効果的に取り組みましょう。

練習法 よみちい ダブルス

バドミントンサークルには、色々な人が集まります。初心者もいれば経験者もいます。そんな多種多様な人が集まる場所だからこそ、できる練習方法もあります。