ダブルス

バドミントンは詰め将棋的なところもあります。一度チャンスを作ると相手を逃がさないように攻め続けられるように組み立てます。

テクニック メンタル

理論ではそうなのですが、そう言われてもなかなかその違和感の原因を感じられないことがあります。やはりその違和感を感じるためにはとにかく練習で打つ中でうまくいった感覚を感じるしかありません。その時に「ああ、また飛ばない」という思うことは感覚を研ぎすますのを妨げます。結果に拘らずとにかく感じる事です。

テクニック

動き始めが遅い、一歩目が素早く出ない人にはある共通点があります。それは、上半身に力が入りすぎていること。ではどうすれば、楽に力を抜くことができるのか…

講師一覧 レシーブ トレーニング 藤本ホセマリ テクニック パフォーマンスUP

レシーブが安定しないのは「打点がズレる」ことや、「タイミングが合わない」などのほかに、「股関節と殿筋部分の筋肉がうまく使えていない」という理由もあります。皆さんはちゃんと使えていますか?

講師一覧 有田圭一 メンタル

「いい位置で打つ」これは相手にショットを読ませない、狙ったところへ正確に打ち込むために大切なことですが、そのいい位置に入る前に何となく違和感を感じて上手く打ち出せないことが多くありました。上手く打ち出すことが出来ないとそのショットを評価してしまい、次への反応は遅れます。

講師一覧 トレーニング 藤本ホセマリ パフォーマンスUP

バドミントンに必要な動きをスムーズ、そしてより力強く、安定したショットを打つためには、全身を連動させるための動きを体で理解していく必要があります。まずは、ご自宅でもできるトレーニングをご紹介しますので、さっそく動画を見て、試してみくださいね。

講師一覧 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ トレーニング サービス・サービスレシーブ 藤本ホセマリ テクニック パフォーマンスUP

バドミントンが上手な人には、ある共通点があります。それは、「身体の動かし方」が非常に効率的であり、なめらかな動作であること。言い換えれば、股関節や胸、肩、腕の各部位をどのように動かせば、コントロールよくシャトルを飛ばすことができるのか、 さらその部位をどのように連動させていけば最大のパワーを引き出すことができるかを分かっているか、ということ。