サービス・サービスレシーブに関する記事一覧


スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ サービス・サービスレシーブ テクニック

ラケットの握り方(グリップ)は一番最初に覚えることですが、一般的に正しいグリップでシャトルを打とうとすると、意外と難しかったりします。そこで今回は、グリップの持ち方と握り方など、それぞれの特徴を解説しながら、グリップの重要性についてご紹介いたします。あるショットが上手く打てないという方、バドミントンを初めて間もない初級者は、ぜひ一度今回の記事を見て、参考にしてみてください。

サービス・サービスレシーブ テクニック

ショートサーブが浮いてしまうと相手に厳しいショットを打たれるし、一発で決められることもあります。つまり、自分のサーブ次第でそのポイントでの優劣が大きく変わってきます。そこで今回は、シングルスでもダブルスでもよく使われるバックハンドで打つショートサーブの浮かさない4つのコツをご紹介します。

練習法 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ サービス・サービスレシーブ テクニック パフォーマンスUP

バドミントンにおいてフェイントとは相手を騙す技術であり、試合で勝つための重要な技術です。ですが、「上級者のテクニックだから自分には難しい…」というイメージがあり、なかなか実践できていない人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はフェイントの基本的な技術とともに、簡単にできる練習法もご紹介いたします。

サービス・サービスレシーブ テクニック

この記事では、フォアハンドのサーブのコツをご紹介いたします。苦手な方は、シャトルに合わせてラケットのスイングをしてしまう場合がほとんどです。ぜひ、フォアハンドの精度を上げたい、きちんと打ち方を学びたいという方は、この記事を参考にしてみてください。

サービス・サービスレシーブ テクニック

ラリーの第一打目となるサービス。ミスから始まるのはどうしても避けたいですよね。そのためには、体の使い方をきちんと知り、余計な力を抜くことが必要です。この記事では、サービスのミスを減らす体の使い方のコツをご紹介しています。

サービス・サービスレシーブ テクニック

本日はバックハンドで打つ、ロングサービスのコツを紹介します。遠くに飛ばせないから、叩かれるのが怖いという理由で避けてる選手も多いです。ですが、ロングサーブはシュートサーブと上手く組み合わせると効果的です。叩かれると怖いと思いますが、まずはマイナス面を考えずに、きっちり奥までとばせるようになりましょう。

サービス・サービスレシーブ テクニック

バドミントンでは、最初の多くがイースタングリップで握るように教わります。ですが、1つの握り方よりも、打つ場面によっては微妙にグリップを調整した方が有利です。今回は、サービスレシーブのグリップについてご紹介いたします。

サービス・サービスレシーブ テクニック

ショートサーブが浮いてしまう人への対処法をご紹介します。特に、初級者などにあるよくある悩みですが、以下のポイントを守って打ってみてください。簡単なチェックポイントばかりですので、苦手な方は参考にしてみてください。

講師一覧 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ トレーニング サービス・サービスレシーブ 藤本ホセマリ テクニック パフォーマンスUP

バドミントンが上手な人には、ある共通点があります。それは、「身体の動かし方」が非常に効率的であり、なめらかな動作であること。言い換えれば、股関節や胸、肩、腕の各部位をどのように動かせば、コントロールよくシャトルを飛ばすことができるのか、 さらその部位をどのように連動させていけば最大のパワーを引き出すことができるかを分かっているか、ということ。

講師一覧 サービス・サービスレシーブ 藤本ホセマリ テクニック ダブルス

ダブルスでは、攻撃パターンが多いほうが、相手を翻弄できますし、相手に応じて、戦術を変えることも可能になります。今回の動画は前回の内容の続きで、主にテクニック的な説明をしています。一見、地味なショットにも感じるかもしれませんが、意外と「盲点だったなぁ…」と気づくのではないでしょうか。