基本的なフォームを把握して試合に活用する

トレーニング

はじめに

ショットを極めていくことは、バドミントンの試合で有利に進めていくためには重要です。

試合に勝利するためには様々なショットを覚えていき、テクニックを磨いていくことが重要です。

頻繁に活用するショットテクニックを理解していきながら、相手からのショットに対しても強くなっていくようにトレーニングに励んでいきましょう。

特に入門レベルといわれるショットは、自然と打てるように把握しておくといいでしょう。

理解しながらシャトルを着実に打てるように、トレーニングで体に覚えさせていくことが重要です。

その上では基本的なフォームを理解していき、トレーニングで習得していきましょう。

オーバーヘッドストロークやバックハンドストロークは重要

様々なショットを習得していく中で、相手に着実に打ち返せるショットを理解していきましょう。

正しいフォームも併せて把握することによって、着実に試合でも打てるようになります。

トレーニングも考えていきながら、レベルアップに励んでいくようにしましょう。

実際にトレーニングで不安を感じる時には、上級者などからアドバイスを貰いつつ基礎基本に立ち返って習得することも必要です。

その上でオーバーヘッドストロークやバックハンドストロークを、覚えておくことによって全身が連動してしっかりと動けるようになります。

オーバーヘッドストロークはクリアやスマッシュで使う

バドミントンではクリアやスマッシュといった、大きくもしくは素早く打つショットが必要です。

これはバドミントンにおいて基本となっていきますが、これらのショットのフォームを形成するためにもオーバーヘッドストロークは重要です。

打ち方やコツなどを理解しつつ、トレーニングでは試合感覚でオーバーヘッドストロークを習得できるようになると実力がアップしていきます。

オーバーヘッドストロークは全身を使っていきながら、筋肉を連動させていくようにフォームを形成していくといいでしょう。

利き手と逆の場合はバックハンドストロークになる

利き手と同じ方向に来た場合はオーバーヘッドストロークで対応できますが、一方で反対側に来た時にはバックハンドストロークとなります。

シャトルをバックハンドストロークを利用しながら打ち返していく中で、フォームやフットワークもちゃんと理解していくことが重要です。

バックハンドストロークは最初に右足を左側へ持っていき、交差していく感覚で動いていきます。

そしてラケットも併せて、右腕と一緒に左肩の近くへと持っていくように意識しましょう。

右足は強く踏ん張りつつ、肩から肘そして手首の方へ振っていくようにしましょう。

バックハンドストロークはフォアハンド以上に力が入らないので、上達するまで時間がかかります。

コツを掴みながら、バックハンドストロークを習得しましょう。

アンダーハンドストロークはコツを掴むと活用できる

オーバーヘッドストロークやバックハンドストローク以外にも、アンダーハンドストロークも重要です。

これは自分の手前に相手がシャトルを落とそうとする時に効果的で、着実に打ち返せるように活用するフォームとなります。

シャトルはバドミントンにおいては自分の前に何度も落ちてくるので、試合に勝つためには必須と言えるでしょう。

アンダーハンドストロークは手首も重要

アンダーハンドストロークでは最初に右足を踏み出して、バランスをしっかりと取りましょう。

そこから力強く踏ん張っていきながら、ラケットを手首を着実に返しつつ振っていくことが重要です。

腕は小さく振って、手首でアンダーハンドストロークでは振っていくようにしましょう。

ここでアンダーハンドストロークを利用して大きく振ってしまうと、どうしても床にラケットが当たるので失敗します。

トレーニングでアンダーハンドストロークを習得する方法

アンダーハンドストロークをトレーニングで習得するためには、様々な方法があります。

例えば素振りによってアンダーハンドストロークのフォームの理解したり、確認することができます。

ラケットだけあれば場所や人数を考えずに、いつでも行えるのがメリットです。

ここではアンダーハンドストロークを意識する際に、どうしても素振りでは回数を考える人が多いです。
しかし重要なのは、アンダーハンドストロークを覚えていくことです。

フォームを覚えて、試合でアンダーハンドストロークを活用していきましょう。

そしてアンダーハンドストロークを覚えていく時には、手首の動かし方も理解しましょう。

上級者のフォームを把握したり、トレーニング後に鏡の前で素振りをしてみると確認できます。

まとめ

様々なフォームを理解していきながら、スマッシュなどのショットに結びつけることができます。
オーバーヘッドストロークやバックハンドストロークを活用することによって、ポイントにつなげることができます。

そしてアンダーハンドストロークは特に相手が自分の前にシャトルを落とすことがあるので、しっかりと理解しておくことが重要です。

バドミントンにおけるレベルアップを行うために、着実にトレーニングを進めていくようにしましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中