【バドミントン】シングルスでサービスを的確に狙うポイント

サービス・サービスレシーブ テクニック

シングルスで様々なテクニックを活用して試合に勝ちたいと考える人も多いですが、中でもサービスで相手に着実に打ち返されてしまう時には考えなければなりません。

コースや打ち方などを確認しながら、相手に合わせて使い分けていくことが求められます。

試合で効果的にポイントをサービスで狙っていくこともできるので、サービスはしっかりと日々練習しなければなりません。

ショートサービスを活用してシングルスで有利に進める方法

ショートサービスを活用しながら、シングルスで試合を有利に進めていくチャンスを生み出すことができます。

的確に狙っていくことによって、着実にポイントにつなげていくことができるように日々トレーニングを積み重ねていくことが重要です。

ショートサービスは相手の動きを考えながら放つ

試合でショートサービスを利用する時には、細かく打ち返していきながらネットプレーが増えていきます。

しかし、ロングサービスが増える時にはリズムを変えていくことができ、時にはフェイントとして活用することも可能です。

相手の動きをチェックしていくことが重要で、レシーブできずにオーバーヘッドを警戒する際に効果を発揮します。

また相手がネット際でのプレーが苦手な時に、ある程度打ち上げて時間を稼ぐ時にも便利です。

明らかに相手が下がっている時にゆっくりとしたスピードで落としていければ、十分ショートサービスはシングルスで利用できます。

ショートサービスはネット前で基本的に勝負する時に利用するため、相手から反撃などを喰らいたくない時に活用したいところです。

ショートサービスは弱点もあるので注意が必要

ショートサービスには弱点があるので、試合では十分注意しなければなりません。

他のサービスと比べても反撃などを喰らってしまった時に切り返すことが難しく、例えば相手からプッシュを打たれてしまうとスマッシュ以上に失点する確率がアップしてしまいます。

また相手が高い打点でサーブを返していくと、頭を抜かれるショットで反撃することもあります。

ショートサービスは攻める上で、常に相手の動きや打ち返す内容について警戒しなければなりません。

厳しい状況になったらショートサービスを長めに打つことによって、ミスを減らすことができます。

困った際には活用しながら、試合で勝利に近づけていきましょう。

時にはロングサービスなどを活用しながらポイントを得る

的確にコースを狙っていくことができれば、自然とショートサービスだけでなくロングサービスなどでもポイントを狙うことができます。

ショートサービスを続けて放ちながら、時にはロングサービスを組み込んでいきましょう。

変化をつけてポイントを狙いやすくなり、戦略も立てやすくなります。

相手の意表を突くためにロングサービスを利用する

ロングサービスはシングルスで多く取り入れられていましたが、昨今ショートサービスを多用する中でフェイントで活用する選手が増えています。

様々な理由でロングサービスを使いますが、特に相手のリズムを崩す上では有効的な方法です。

相手がもしもネットプレーを仕掛けてくるのではと警戒している時にも遠くへ放ってポイントを得ようと考えた時にも、ロングサービスは効果的です。

非常に高く打ち上げるロングサービスは、垂直にシャトルが落下するように軌道を描いていきます。

そして相手コートの奥の方へ落下していきますが、メリットとして相手がレシーブでシャトルでも羽の部分を打ってくることが増えます。

これだと威力がある程度落ちるため、トップスピードで放つのが難しくなります。

また垂直に落下してくるシャトルを見つつ、相手がコート内でどう動いていくかチェックするのは難しいです。

結果としてコントロールが難しくなるので、ロングサービスは時折活用するとポイントを得られるチャンスを作り出すことができます。

効率よく活用することによって試合を有利に持っていくことができたり、逆転のチャンスを期待できます。

相手を見極めて、しっかりと打っていくようにしましょう。

ドライブサービスも時には効果的

シングルスでも最近ドライブサービスを利用する選手が増えていますが、相手からリターンを打たれづらい点が注目されています。

また相手からのフェイントもかけづらい点もメリットがあります。

シングルスではコントロールが厳しくなることもあり、ドライブサービスを打った時に相手が追いつけないこともあります。

これでハイスピードな展開へ持っていくこともできるので、効果的に試合を運ぶことができます。

しかし、打ち方が難しいのでドライブサービスはトレーニングや慣れていないと、失敗して自滅することもあります。

相手の動きなどをチェックしながら、ドライブサービスを利用するといいでしょう。

まとめ

シングルスはコート内を動き回ることも多く、有利に進めるためにサーブから考えていかなければなりません。

ショートサービスを基本的に活用することになりますが、時には相手にフェイントをかけるためにロングサービスなどを利用することもあります。

ポイントを着実に得るために方法を考えながら、それぞれのサービスを理想的なコースへ打てるようにトレーニングを積んでいきましょう。

 

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中