タグ:スマッシュレシーブが付いている記事一覧


練習法 パフォーマンスUP ダブルス

バドミントンのダブルス練習メニューとして、より強度の高くでき、実践に近づけるには複数人数で行う練習メニューが最適です。ですが、目的を間違ってしまうと時間の無駄になる練習になる場合があります。そこで今回は、バドミントンの複数人数で行うダブルスの練習の利点に加え、応用のダブルス練習メニューと注意点についてご紹介いたします。

シングルス

ホームポジションとはコートの真ん中ではなく、基本として相手がどこに打ってきても、効率的に移動できる位置、カバーができる位置が「ホームポジション」です。ですので、ホームポジションの基本とは、各プレーヤーの体力や体格、技術、得意不得意を考える、そして、相手に応じて局面で変えていくことが本当の「ホームポジション」です。

練習法 パフォーマンスUP ダブルス

レシーブをコントロールし、相手のスマッシュを誘い込むことができれば、カウンターを狙うことができます。つまり、ダブルスでの守備もつねに攻撃の意思を忘れず、いつでも攻め返せる技術を身につけておく必要があります。今回はダブルスのレシーブでの身につけておくべき重要スキルと、レシーブ強化のための練習法をいくつかご紹介します。

レシーブ テクニック

初心者にかかわらず、スマッシュレシーブが苦手という方は多いですよね。特にスピード化が進むバドミントンでは、スマッシュの速さがどんどんと上がっているので、スマッシュレシーブを返すのも一苦労です。そこで今回は、スマッシュレシーブを上手く返すために重要な2つのコツを紹介いたします。

シングルス

今回は、シングルスのレシーブについてお話をいたします。シングルスでのレシーブでは、ロングリターンはほとんど使いません。つまり、大きく分けて「ショート」と「ハーフ」のといった長さのリターンを使い分ける必要があります。この2つを大きく使い分けることができれば、レシーブもあせらず判断して打ち分けることができます。

レシーブ テクニック

この記事では、ダブルスでよく使われるフォア側のバックハンドレシーブを打つための4つのコツをご紹介いたします。自分の身体より前でシャトルを打つ場合、フォアハンドよりもバックハンドの方が圧倒的に打てる範囲が広くなります。そのほかにもメリットはありますし、逆にデメリットもあります。ステップアップのためにもぜひ覚えておきたい技術です。

シングルス

シングルスの攻撃型プレーヤーの中にはダブルスのように体回りの対処が上手く、そのテクニックの旨さを利用してシングルスを戦う選手もいます。このような選手と試合で当たったときの対処法を、わかりやすくご説明いたいます。

レシーブ テクニック シングルス

シングルスのスマッシュレシーブについて解説です。バドミントンはダブルスでも、シングルスでも自ら攻撃することが勝利への条件となります。ですが、きちんと守ることもできないと格上の選手と対戦し、一方的な攻撃を仕掛けられると太刀打ちできません。そこで、サイドラインのスマッシュレシーブにスポットを当ててご説明させていただきます。

レシーブ テクニック

バドミントンの守備で重要となるのがレシーブ。相手のスマッシュを切り返すためにも必須のスキルです。でも意外と「コートの奥まで返せない」と苦手な人が多いんですよね。そこで今回は、レシーブをコート奥まで返す3つのポイントをご紹介したします。

レシーブ テクニック

バドミントンは「攻め続ける」ことが大事ですが、守備から、攻撃に転じることも試合では大きなチャンスになります。今回は、スマッシュレシーブのちょっとしたポイントと練習法をご紹介します。