タグ:ショートサービスが付いている記事一覧


練習法 サービス・サービスレシーブ 長谷川淳一

バドミントンは、サーブからプレーが始まりますよね。そのため、サーブスキルを向上させる必要があります。また、サーブスキルを向上させるために、練習に取り組むと思います。そこで、サーブスキルを向上させるための練習方法をご紹介します。

サービス・サービスレシーブ 藤丸大輔

バドミントンにおいて、サーブはとても重要になります。サーブをミスするかしないかによって、相手の返球が変わり、その後の試合の進み方に大きく影響を及ぼします。

コラム

羽の部分を切る(スライスする)のはルール違反ですが、コルクを切るのでルール上は問題ないようです。上から下へ切ってシャトルを上下に揺らせたり、斜めから切って回転させたりと、たまにとても返しにくいサービスに出会います。指で弾いてシャトルに回転を加えてから打つという荒業もありますが、高校生の試合では議論の対象となり、その大会では禁止されたようです。

ダブルス

ダブルスで先に攻めていくためには、ゲームの最初であるサービスから攻撃できるような配球と戦術を考えなくてはいけません。これはサービスだけでなく、サービスレシーブでも同じことが言えます。この記事ではダブルスにおけるサービスレシーブからの「3球目攻撃」について配球、戦術の組み立て方の例を紹介したします。

ダブルス

ダブルスはよりスピーディーに低い展開が主流となり、ある程度のリスク覚悟で配球をするような戦術も多くなってきています。つまり、相手より先に1ポイント取ることがとてもダブルスでは大事になっています。バドミントンのダブルスで勝つための大原則は下で取らせ、シャトルを上げさせるような配球と戦術がダブルスで勝つための条件になってきます。