タグ:クリアが付いている記事一覧


練習法 クリア・ドリブンクリア トレーニング

ハイクリアとは、高く遠くに飛ばすショットです。このハイクリアって、試合の要所要所で重要になってくるスキルです。しかし、中々ハイクリアが上手くいかないこともあります。ハイクリアのコツとは何なのでしょうか?

スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ネット前 小田ゆうか

バドミントンには、いくつもの技や技術があります。しかし、初心者はどの技をどうやって打てばいいか悩んでいる選手も、多いと思います。そこで、3つに分けていくつかの技をご紹介します。

練習法 クリア・ドリブンクリア

クリアは、攻守ともに使える便利なスキルです。しかし、有効に活用するのは難しく、どうすれば上手く使えるのかを悩んでいる選手も多いです。

講師一覧 有田圭一 トレーニング パフォーマンスUP

ストレートに打つかクロスに打つか。もちろん人それぞれ癖がありますので一概には言えませんが、私の感覚では体の向いている方向、もしくは肘を引いた逆側にシャトルが来ることが多いです。右利きの場合ですが、フォアハンド奥からは十分に半身が作れればストレート、半身が浅ければクロス方向に来ることが多く、ラウンド側からは十分に半身が作れればクロス方向、浅ければストレート方向へと来ます。

講師一覧 有田圭一 クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ テクニック

オーバーヘッドの構えからインパクトまでの間で注意することは「目線をブレさせない」「ラケット面を見せる」「大きな筋肉を使う」「弓を射るように」「弧から線へ」です。このうちのどれか一つが大事ではなくすべてが重要です。順番に確認していきましょう。

講師一覧 有田圭一 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット テクニック

バドミントンのシャトルは「打つ」と表現します。指導場面では「強く打て」や「ソフトに運べ」「しっかりと押さえて」など様々な表現が使われる場合がありますが「打つ」とひとことで表現してしまうとイメージするショットを出せないことが多く起こります。今回はオーバヘッドの「打つ」について紐解きながら、ひとつづつ解説いたします。

スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット テクニック

「遠くに飛ばそうとして、大振りになっている」このように感じたことはありませんか?もしくは、誰かに言われたことがありませんか?今回の記事では、スイングをコンパクトにするためのコツをご紹介いたします。様々な利点(メリット)がありますので、ぜひ覚えていきましょう