タグ:後衛が付いている記事一覧


ドライブ テクニック ダブルス

ミックスダブルスでは、相手のショットをいかに下で打たせて、シャトル上げさるかが勝利のポイントになります。そこで便利なのが「ショートドライブ」です。今回はミックスダブルスでも多様される「ショートドライブ」について、動画を踏まえて紹介させて頂きます。

ダブルス

【バドミントン上達塾】バドミントンダブルスでは、サービスよりもサービスレシーブの方が有利だと言われています。ミックスダブルスにおいても同じで、やはりサービスよりもサービスレシーブの方が有利なのは間違いありません。そこで、今回は女子サービスから攻めて、ラリーを有利に進めるためのコツを一つご紹介いたします。

ダブルス

【バドミントン上達塾】ミックスダブルスでラリーを有利に進めるためには、まずは前衛に女子、後衛に男子を置くことが重要です。また、女子選手が攻められても、上手く凌げるパターンを持つことも重要。今回は、素早くトップ&バックに入る方法と、女子選手が狙われた時の対処法をお伝えします。

有田圭一 ダブルス

ダブルスでは、攻め続けることが鉄則ですよね。そして、後衛は一番シャトルを多く触ります。なので、後衛にいる選手は試合を進めていくにあたって、とても大事な役割を持っているんです。

練習法 パフォーマンスUP ダブルス シングルス

今回は、シングルスプレーヤーを大きく3つに分けたときの「ダブルス型プレーヤー」の特徴を伸ばすための代表的な練習法をご紹介します。この戦術を得意とするプレーヤー低い展開で攻めるタイプです。まずは自分はどんなプレースタイルなのか、自己分析をしてみて、今回ご紹介するシングルスの「ダブルス型タイプ」の練習法を取り入れてみてください。

スマッシュ カット テクニック ダブルス シングルス

今回のテーマはバドミントンのシングルにおける攻撃。特にスマッシュやカットといった攻撃の中でも、クロス方向の攻撃についてお話したいと思います。シングルスにおけるクロスへの攻撃は決まる確率も高いですが、使い方を間違ってしまえば、逆に非常に不利な展開へとなってしまいます。

スマッシュ ダブルス

今回は、バドミントンダブルス初心者のための戦術、特にパートナー(前衛)を生かした攻め方についてご紹介したします。2人で守り抜く守備とは違って、トップ&バックの攻撃は前衛と後衛の役割がはっきり存在します。つまり、それぞれの役割を果たすことで、バドミントンのダブルスは上手く機能するということです。

練習法 パフォーマンスUP ダブルス

攻撃的守備で相手を攻めていくとき大事になってくるのが「ディフェンスの安定性」です。いくら攻撃的守備だからと言って、無理やりディフェンスから攻めることではありません。しっかりと守ることができるからこそ、攻撃的にディフェンスから攻めることができるのです。そこで、今回は攻撃的守備のディフェンスを安定させるための練習法を2つご紹介いたします。