タグ:ヘアピンが付いている記事一覧


練習法 トレーニング よみちい パフォーマンスUP

ヘアピンは、ネットギリギリの相手コートに打ち返すショットですよね。ヘアピンはネットギリギリを狙うため、引っ掛けたり浮いてしまうこともあります。どうすれば、ヘアピンが上手く打てるのでしょうか?

ダブルス

【バドミントン上達塾】バドミントンダブルスでは、サービスよりもサービスレシーブの方が有利だと言われています。ミックスダブルスにおいても同じで、やはりサービスよりもサービスレシーブの方が有利なのは間違いありません。そこで、今回は女子サービスから攻めて、ラリーを有利に進めるためのコツを一つご紹介いたします。

トレーニング よみちい

バドミントンには、いくつかのフェイントがあります。そのため、フェイントを試合で活用できるようになると、自身のプレーの幅が広がります。そこで、今回はロブとヘアピンについてお話していきます。

長谷川淳一

バドミントンには、たくさんの技術があります。その中で、初心者があまり得意ではないと感じやすい”ヘアピン”。ヘアピンを試合で使えると、プレーの幅が広がります。なので、ヘアピンを打てるようになっておきましょう。

スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ネット前 小田ゆうか

バドミントンには、いくつもの技や技術があります。しかし、初心者はどの技をどうやって打てばいいか悩んでいる選手も、多いと思います。そこで、3つに分けていくつかの技をご紹介します。

練習法 トレーニング 小田ゆうか

ヘアピンでは、浮いてしまう・練習方法が分からないという悩みを持つ方は多いと思います。そんな方におすすめな、練習方法をお伝えします。

練習法 パフォーマンスUP ダブルス

テンポが速く低い展開が生まれやすい、バドミントンのダブルスではドライブ、プッシュ、スマッシュがラリーの軸になります。それを踏まえて、バドミントンのダブルスで求められるのはコンパクトなスイング軌道です。そこで今回は、このバドミントンでダブルスで重要な一連の流れを強化するための練習法を2つご紹介いたします。

練習法 パフォーマンスUP シングルス

シングルスでのネット前のショットはネットが近い分、コントロールが難しくミスも出やすくなります。そこで今回は、ネット前の守備で大事な3つのポイントと、ネット前の守備が上手くなるための2つの練習方法をご紹介します。