初心者必見!ヘアピンが上達する練習方法とは??

練習法 トレーニング 小田ゆうか

今回のテーマは、ヘアピンの上達練習法です。

  • ヘアピンをよくミスしてしまう
  • ヘアピンが浮いてしまう
  • ヘアピンの効果的な練習方法がわからない

このような悩みを、解消します。

ヘアピンを極めることができれば、とても大きな武器になります。

しかし、練習で意識することが分かっていないと、なかなか上達できませんし、弱点にもなりかねません。

せっかくの練習を意味のあるものにするため、これからお伝えすることを覚えて練習に取り組みましょう。

この記事を読めば、ヘアピン上達のために効果のある練習をすることができ、ミスや浮きを減らせます。

ヘアピンで、点を取ることも可能です。

ぜひお読みください。

基礎的なポイント

1-1.上で取る

とにかく、ネットの上の方で取ることを意識しましょう。

ネットにひっかかりにくくなり、ミスを防ぐことができます。

ネットに引っ掛からないように打とうとすると、浮いてしまうこともあるので、上から取って確実にミスをなくすようにしましょう。

また、少しでも浮いている球は、プッシュして決めることもできます。

上で取るために、ラケットは常にたてておきましょう。

1-2.速く動く

ヘアピンを上で取るためには、スピードが必要です。

フットワークやダッシュを怠らずに練習し、常に上で取れる体勢を作りましょう。

フットワークでは、前の二点をランダムに指示してもらう練習をし、実際にラリーしているようなイメージを忘れずにしてください。

  • ストレートなのか
  • クロスなのか
  • スピンを打ったのか
  • 相手からの球が浮いていたからプッシュした

など、意識すると良いです。

スピンの仕方

フォアは、ラケットのヘッドを、内側か外側に切るように打ちます。

内側の方が簡単なので、最初は内側に切りスピンをかける練習をしましょう。

ポイントは、カットを打つ時と同じようなイメージです。

バックも、内側に切る方が簡単です。

コツを掴んでスピンをかけ、ネットインを狙いましょう。

上手な選手の動画などを、参考にすると良いでしょう。

おすすめ練習方法

3-1.スピンの練習

ノックをしましょう。

最初は立ち止まってでもいいので、ネットの白帯と同じ高さで打つようにします。

慣れてきたらステップ踏んで、徐々にレベルを上げていきましょう。

3-2.ランダム

フォアとバックを、ランダムにノックしてもらいます。

センターポジションに毎回戻りながらも、フォームを崩さずに打てるようにしましょう。

ストレートなのかクロスなのか、相手に分からないように打てるとなお良いです。

スピンも混ぜて、レベルの高い練習をすると更に効果的です。

3-3.ラリー

1対1で、ヘアピンだけのラリーをしましょう。

「浮いてたらプッシュしても良い」というルールを設け、試合のように得点制にすると練習の効果が上がります。

ここでも、上の方で取ることを意識して、スピンも加えられるようにこころがけてください。

まとめ

今回は、ヘアピンの上達練習法についてお伝えしました。

まとめると以下の通りです。

  1. 基礎的なポイントとして、上でとるために速く動きミスを減らす
  2. スピンはカットのように切ってスピンをかける。内側の方が打ちやすい。上手な選手の動画を参考にすると良い。
  3. おすすめ練習方法
    3-1.スピンの練習はノックで、まずは立ち止まって丁寧に練習。そのあとステップ踏みながら練習する。
    3-2.フォアとバック、ランダムにノックしてもらう。ストレートなのかクロスなのかわからないように打てると良い。
    3-3.1対1でルールを設けてヘアピンのみのラリーをする

以上です。

ヘアピンでミスを無くし、スピンやフェイントで点数を取ることができるくらいの上達を目指して、日々の練習を頑張ってください。

この記事を書いた人小田ゆうか小田ゆうか
小学1年生から高校3年までの12年間、バドミントン選手として活躍。小学生時は全国大会団体優勝経験のあるチームに所属。試合ではダブルスで度々県大ベスト4入りし、関東ベスト8まで上りつめた戦歴を所持。現在は12年間で得たバドミントンの知識を発信している。