バドミントンの技術を磨いてヘアピンを着実に打っていく方法とは?

ネット前 テクニック

ネット際での練習は、バドミントンにとって必要です。

状況によって相手の裏をかくショットを打てるようになると、得点を狙いやすくなります。

初心者でも、バドミントンの中でヘアピンショットは理解して、練習を重ねていくといいでしょう。

ベストな練習方法が確立できるようになると、打ち方やコツを自然に理解することができます。

バドミントンで覚えておくべきヘアピンについて

バドミントンのショットの一つであるヘアピンについて、どのようなショットか最初は理解していくようにしましょう。

テクニックを磨いていくことによって、より得点を狙いやすくなります。

ネットプレイの一種となるので、シャトルを的確に打てるとスキルもアップしていきます。

ネット際で十分役立てるヘアピンショットについて

そもそもバドミントンは、試合を行うコートの中で互いにシャトルを打ち合っていきます。

コートのどこへシャトルが落ちていくかは、打ち方や加減によって大きく異なっていきます。

シャトルの軌道を意識しなければならないスポーツ競技ですが、打ち方でシャトルの動きが大きく変わるのは面白いと言えます。

その中で、ネットを挟んでプレーを行いますが、ネット際で大いに活用できるのがヘアピンショットです。

テクニックの一種となりますが、これを自然に活用できるようになると、バドミントンがより面白いといえるでしょう。

ヘアピンショットの由来は、女性が髪の毛を止める時に活用するヘアピンからといわれています。

ヘアピンの形にシャトルの軌道が似ていることから、ヘアピンショットといわれています。

相手コートのネットそばへ落としていくショットとなりますが、さほど他の競技では活用されていません。

フェイントの一種でも活用できますが、際どいショットとなるので、打ち方を間違えると上手に返すことができません。

反対に、浮かせると相手に押し込まれてしまうこともあるので、注意が必要です。

ヘアピンショットは力を使わずにテクニックで打ち返す

打ち方を理解しながら、ヘアピンショットは力がいらないと感じる人も多いです。

ヘアピンショットは基本的に打ち方を問われるので、テクニックが必要です。

練習によって上達させることができますが、初心者がなかなか取り入れられないと悩むショットでもあります。

しかし、コートで可能な練習だけでなく、一人でも十分自宅で練習することができます。

ヘアピンショットの理想的な打ち方と練習方法

ヘアピンショットは、理想的な打ち方を理解することによって、試合でも十分活かすことができます。

スマッシュで使う筋肉やバネを活用しながら、ネットを超えるショットと違います。

力任せでなく、手や指の感覚を覚えていきながらショットを打っていけるようにしましょう。

正しくヘアピンショットを打つ方法

バドミントンでのヘアピンショットは、手と指だけでなく足の重心も意識していきます。

基本的な打ち方としては、最初にラケットを胸の高さに上げていきます。

そして、ネット際に落ちてくるシャトルへ向かい、押し出していくようにラケットを使ってシャトルを打ちます。

この時に頭は下げず、体勢は胸を張っていくように打っていくようにしましょう。

足の重心は後ろにあるとネットをどうしても超えてくれないので、前に重心を持っていくように心がけていきましょう。

ヘアピンショットは、これらの体の動きを練習できるように、しっかりと工夫していくようにしましょう。

何度も繰り返していくことによって、ヘアピンショットのタイミングを理解することができます。

理想的なバドミントンコートを使った練習方法としては、右や真ん中そして左にシャトルを出してもらえるように指示していきます。

ネット際に落ちるような力で打ってもらい、ヘアピンショットを練習していくようにしましょう。

一人でヘアピンショットを的確に打てる練習方法

何回も繰り返しラケットを使ってヘアピンショットを練習していきますが、その時に何回継続できるか確認しておくといいでしょう。

目安として最初は10回を目標にして進めていくのが理想的ですが、その後は記録を伸ばせるように挑戦すると上達していきます。

ある程度練習を積み重ねていくことによって、一人でも素振りなどで感覚を覚えていくことができます。

手や足の動きをあらかじめヘアピンショットをコート内で練習していきながら、動作やラケットの振り方などを理解していきます。

それを忘れないようにフットワークや素振りで練習を行いながら、次にコート内でシャトルを的確に打っていくことができます。

仮に相手に打ち返された時には、状況によってベストポジションへ戻らなければなりません。

そこで体の動きを理解しておき、プレーを継続できる状態に戻していきましょう。

まとめ

ヘアピンショットは、ネット際で活用できるテクニックですが、コツを掴むことで得点を狙いやすくなります。

しかし、打ち方を間違えてしまうとシャトルが浮いてしまい、相手に打ち返されてしまうこともあります。

フットワークや打ち方の感覚を掴んでいきながら、バドミントンを上達させていく意味も含めて習得していきましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バドミントン上達塾では、バドミントン上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バドミントン上達のためのDVD教材の販売も行っております。バドミントンに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@badminton-life.com
この記事を書いた人長谷川淳一長谷川淳一
バドミントンは少しずつ知識をつけながら、練習を行っています。自分自身の見聞を広げつつ、様々なジャンルの記事を作成しております。様々な身につけておきたいバドミントンの情報を、しっかりと調べて記事作成を行ってまいります。
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中