ダブルスに関する記事一覧


ダブルス

ダブルスで先に攻めていくためには、ゲームの最初であるサービスから攻撃できるような配球と戦術を考えなくてはいけません。これはサービスだけでなく、サービスレシーブでも同じことが言えます。この記事ではダブルスにおけるサービスレシーブからの「3球目攻撃」について配球、戦術の組み立て方の例を紹介したします。

ダブルス

ダブルスはよりスピーディーに低い展開が主流となり、ある程度のリスク覚悟で配球をするような戦術も多くなってきています。つまり、相手より先に1ポイント取ることがとてもダブルスでは大事になっています。バドミントンのダブルスで勝つための大原則は下で取らせ、シャトルを上げさせるような配球と戦術がダブルスで勝つための条件になってきます。

ダブルス

前衛に慣れていない方や苦手だという方は、プレーの中でもこの「ポジション取り」が難しくて、苦手意識を持っている方が多いのではないでしょうか?そこで今回は、後衛がスマッシュを打ったときのポジション取りについて、一つずつ簡単に説明していきます。

ダブルス

ダブルスの時のサービスレシーブの時はどのようなところを見て、打つコースを考えますか?自分たちの好きな展開や得意不得意によって、攻め方が変わってきますし、相手の癖を見つけ3球目に攻められにくくなるところをつくのも戦術の一つです。そこで今回は、相手の後衛の癖を見抜いて攻めるサービスレシーブのコースについてご紹介していきます。

ダブルス

今回は、ダブルスのレシーブで構えるとき、足の位置についてご紹介します。足の位置などはそれぞれの選手の癖が出てきます。ですので、もし「サイドが弱い」「前後が弱い」などがあれば、足の置き位置にも目を向けてみてください。また、上手く使い分けることができれば、今まで打てなかったコースも上手く返すことができるようになります。

ダブルス

この記事では、ダブルスで相手に左利きがいる場合の対策法をご紹介しています。まずは相手の攻めをどのヨプに逃げていくかをしっかりと理解することが大切です。そして、どうすれば相手を崩せるかという攻撃の方法を考えていきましょう。

ダブルス

ダブルスのペアは後衛が得意な選手と、前衛な得意な選手同士で組むのがベストです。ですが、固定ペアのいない方やチームの事情で、いつも得意なタイプ同士で組むことはできない場合もよくありますよね。そこで今回は、前衛タイプ同士でペアを組んでいるときの、攻撃方法を2つ紹介いたします。

ダブルス

今回は、ダブルスのサービス時の後衛の立ち位置についてお話致します。ダブルスではサーバーのポジショ二ングも重要ですが、パートナーの立ち位置も非常に重要です。もちろん、ペア同士の意思疎通もしながらになりますが、3球目の処理の役割分担をしっかり決めて、連携を良くしていきましょう

ダブルス

今回は、ダブルスのサービス周りのポジショ二ングについてお話致します。サービスから攻撃を仕掛ける時は、ポジショ二ングが非常に重要になってきます。もし、サービスから攻めることができない場合は、この記事を読んで、自分のポジショニングを見直してみてください。

ダブルス

ダブルスにおいて、戦術的な目的でクリアーを使用するのは女子選手が多いです。ですが、シニアなどでは男女ともに使えるので、ぜひ覚えて欲しい内容です。この記事では、ダブルスでのクリアーを攻撃的に使う方法をご紹介いたします。