バドミントン・ダブルスの後衛の役割は?一番大事な仕事は相手を崩す

ダブルス

バドミントンのダブルスで後衛の役割ってなんなんだろう。

一番大事なことはなんなのか知りたいと思っていませんか?

この記事では、ダブルスの後衛がどんな役割をすればいいのか紹介しています。

ぜひこの記事を参考に、ダブルスの後衛で一番大事な仕事をできるようになりましょう。

ダブルスの後衛の役割3選

ダブルスで後衛の役割は大きく分けて3つあります。

どのようなものがあるのかというと、

  • 相手を崩す攻撃をする
  • 前衛の動きに合わせる
  • 粘り強くレシーブする

こちらの3つです。

今紹介した中で一番大切なのは、「相手を崩す攻撃をする」です。

しかし、他の2つも大切なので合わせて詳しく解説していきます。

ダブルスの後衛は相手を崩す攻撃をする

後衛は、「相手のレシーブを崩す攻撃」をするようにしましょう。

ダブルスは後衛からの攻撃で、得点する場面は少なく後衛のショットで相手を崩して前衛が決めるパターンが多いからです。

後衛から打って決めようとすると、どうしても力んでしまいコースが甘くなってしまったり、ミスしやすくなります。

コースが甘くなると相手はレシーブしやすいので、点数につながる攻撃にはなりにくいです。

点数につながる攻撃をするためにも後衛は、威力よりもコースをしっかりと狙い相手を崩してレシーブさせましょう。

コースをしっかりと狙えれば、たとえスマッシュが速くなくても甘いレシーブが返ってきやすくなります。

甘くなったレシーブが返ってきたら、前衛に決めてもらいましょう。

後衛をやるときは鋭いショットを打って、点数を取るのも大切ですが、まずはコースをしっかりと狙ってください。

ダブルスの後衛は前衛の動きに合わせる

後衛は前衛の動きに合わせて、ポジションを移動してください。

前衛は後ろの動きが見えないので、後衛が前衛に合わせる必要があります。

二人ともが同じ方向へ動いてしまうと、スペースが空いてしまい相手から狙われてしまいます。

相手から空いたスペースを狙われないためにも、前衛の動きをしっかりと見てポジションを移動しましょう。

攻撃する時も、前衛のポジションを見て打つ場所を考えるとより点数が取りやすくなります。

組む人によって動きが違うので、いろいろな人と組んでどんなパターンにも対応出来るようになりましょう。

ダブルスの後衛は粘り強くレシーブする

シャトルが床に着くまで諦めず、粘り強くレシーブしましょう。

粘り強くレシーブをしてラリーを続けると、必ずチャンスがやってきます。

スマッシュを打って、ドライブで返されて前衛を抜けたとしても後ろがしっかりと前に落とせれば攻撃は続けられます。

カウンターで返されたとしても、諦めずに追いかけて返球が甘くなったとしても相手のコートに返せれば、相手がミスして点数を取れるかもしれません。

粘り強いレシーブは、相手にプレッシャーを与える効果もあるので簡単にシャトルを追うのを諦めるようなことはしないでください。

どんな球でもレシーブする気持ちでプレーしましょう。

ダブルスの後衛から試合をコントロールしよう

ダブルスの試合で後衛がしっかりと役割を果たして、点数を取っていければ良い流れに乗れます。

試合のどれだけ早い段階から、流れに乗って攻められるかが試合をコントロールするのにとても重要です。

今回紹介した3つのことを、普段のゲーム練習から意識してください。

後衛の役割に慣れるまでは、頭の中がぐちゃぐちゃで何やってるかわからなくなるかもしれませんが、乗りこえたら今より強くなれます。

まずは、1つずつでいいので確実に身につくようにしていきましょう。

難しく考えずに、とりあえずやってみるのが大切です。

そして、ダブルスの後衛から試合をコントロールして、勝利してください。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中