【有田圭一コーチ】「成長」を考える②

有田圭一 メンタル パフォーマンスUP


今回も精神的な成長にスポットを当てます。

前回同様に「パワーか、フォースか」(デヴィッド・R・ホーキンス著)という本をベースに考えます。

フォースは200未満の数値領域、パワーは200以上の数値領域です。

200未満の領域はマイナスに働き、極端ですが破滅へと繋がります。

そしてパワーは必ずフォースに打ち勝ちます。(測定はキネシオロジーテストでできるそうですが、自分の測定には自信がないため、あくまでも推測でお話を進めています。この本の数値は700で「悟り」の領域だそうです)

 <意識レベル>

(パワー領域)

  • 悟り 700-1,000
  • 平和 600
  • 喜び 540
  • 愛 500
  • 理性 400
  • 受容 350
  • 意欲 310
  • 中立 250
  • 勇気 200

(フォース領域)

  • プライド 175
  • 怒り 150
  • 欲望 125
  • 恐怖 100
  • 深い悲しみ 75
  • 無感動 50
  • 罪悪感 30
  • 恥 20

私は、高校の部活動顧問もしています。

スポーツ推薦等で所属するチームではなく、一般的なチームですので様々な目標を持った生徒がいます。

  • 面白そう
  • これならできる
  • 楽しそう

という意識を持った生徒から、

  • もっと上手になりたい
  • もっと自分を鍛えたい
  • もっと勝ちたい

という高い目標を持った生徒までいます。

全国大会に出場する選手たちを指導してきた経験から、このギャップをどう埋めるのかが最大の目標と考えて取り組んできました。

まずは、

  • 整理整頓
  • 靴をそろえる
  • 挨拶や返事

などをじっくりとやりながら、褒めながらバドミントンのプレー上達を試みました。

そうしていくうちに、徐々に上を目指したいという生徒が入学してくるようになり、チームのレベルは上がりました。

男女とも、最初は2、3回勝てば上出来だったところが、県大会レベルでベスト8に入れるようになっていきました。

さて、ここからベスト4以上の壁を打ち破って!と気持ちを引き締めていました。

新型コロナウィルスの影響

そんな中、突然勃発した新型コロナウィルスの蔓延。

練習ができずに大会も中止になり、当時の3年生はいきなり引退を迎えるという事態が起こりました。

なんともしがたいことでした。

しかし、影響はそれだけでは済まされず、一部の生徒は自宅待機を余儀なくされている時に生活習慣が乱れました。

その影響でモチベーションが下がり、練習が再開されても遅刻や欠席が目立つようになりました。

参加している生徒と欠席や遅刻をする生徒間では揉め事が増えていき、モチベーションが下がった生徒たちのプレーは傲慢で自己中心的になっていました。

何度か注意しながら取り組ませましたが、しばらくすると元に戻るということを繰り返していました。

意識レベルでいうと、「欲望:125」あたりではなかったでしょうか。

やりたいことだけやって、上手くなるために必要な辛いことはしないという雰囲気でした。

ゲーム練習をしても、悔しそうでもなく負けても仕方がないと、プレーを改善する様子も伺えませんでした。

そうなると指導しても耳を傾けることはなく、次第に指導者側のモチベーションも低くなっていくのでした。

もちろん求められれば全力でサポートするのですが、自ら改善しようとしない、逆に言えば改善したくない選手を変えることはできません。

自らの力不足に打ちひしがれる日々が、続きました。

チームの意識レベルが向上?

チームがバラバラの中、引退試合が近づいてきました。

学校側からは、試合に出場する生徒のみ時間制限して練習できる許可をもらいましたが、日曜日や祝日の練習は許可されませんでした。

今度は、試合が近づくにつれて不安感が大きくなり、生徒たちは声を合わせて「練習させろ!」と言ってきました。

試合が近くなって不安だから練習させろ、とは本当に虫のいい話だと思いましたが、休日の体育館の状況を伺うと空いている時間が少しあったので、そこに練習時間をなんとかお願いして確保してあげました。

意識レベルでいうと、「欲望」から「怒り:150」に上がってチームが一丸となったというところでしょうか。

良かれ悪かれ、チームをまとめることはできた可能性があります。

この怒りを超えて「プライド」に持っていき、その上の「勇気」に上げることができて200以上となり、初めてチームに生産性をもたせたいと考えていましたが、全く届かずでした。

  • 時間
  • 環境

は、とても重要な要素であることが、今回の件で身にしみてわかりました。

武道の達人

彼らの唯一の関心は、コントロールやトレーニングを通して高次元の自分によって低次元の自分に打ち勝つこと、と書かれていました(P.229ページより)。

つまり、高次元の意識レベルは低次元の意識レベルを包括して打ち勝っているが、消せてはいないということでしょう。

環境などによる影響によっては、低次元に下がることも大いにあるということです。

高次元に自分を合わせておくということは、ただ練習などの場面だけではなく、普段の生活に浸透させる意識が大切だと書かれてました。

  • 立ち方
  • 歩き方
  • 所作
  • 表情

など、起きてから寝るまで隅々まで意識しておくことは大変かもしれませんが、それがフォースに打ち勝つパワーの領域に居続ける方法だということです。

日々の意識はとても大切なんですね。

また、スポーツの真のパワーとは

  • 優雅さ
  • 繊細さ
  • 心の静寂さ

に、特徴づけられるようです。

バドミントンにおいても、同様だと思っています。

しかし、スポーツに勝敗はつきもの。

激しい争いもあると思いますが、コート上で激しくやり取りをする選手ほど、優しさに溢れた競争のない日常生活を送っているそうです。

テレビなどの映像から、欲と不安を浴びせられる生活を続けていると、平穏な精神状態を保つことは難しいようです。

チャンピオン

「プライド」が邪魔をして、勝利を逃すことがあります。

  • 相手を打ち負かすこと
  • 有名になること
  • たくさんのお金を稼ぐこと

が勝利を目の前にしてちらついて来ると、急に利己的になり力が発揮されにくくなります。

生徒たちも、最終の試合で「勝てそう」がちらついた瞬間に欲まみれの利己的ショットが多く出るようになり、読まれて繋がれ逆転負けするという結果になりました。

こういう時に、どう考えて乗り越えるのかが著書の中で紹介されていました。

「選手が個人的な達成を超えて、自分の力は人間の能力を表す人類全てのものであるという信念を持つ」という利己主義が無我に変わると、意識レベルは200以上を示すということでした。

オリンピックに出場した選手でもごく一部ですが、その後の生活に悲惨な結果を招いた例があるそうですので注意が必要ですね。

マスメディア

現在の報道は意識的かどうかはわかりませんが、選手たちの自己中心的な部分を刺激する傾向があります。

通信販売で欲を刺激してくるのと、同様です。

選手に謙虚さと感謝がなければ、簡単に汚染されると書かれていました。

そういう汚染から選手たちを守っていかなければならないのは、スポーツを愛する私たちの使命であり、そのような報道には反応しないようにしなければなりません。

  • 人類に影響を及ぼす「最優秀」を育てること
  • 価値を守ること

を改めて考えさせられました。

「成長」をテーマに、考えてみました。

人類の最終的な目標は、今より少しでも意識レベルを上げることです。

スポーツを通しても、それが達成できるということです。

たかがスポーツ、されどスポーツ。

手段はどうあれ、バドミントンをより高い意識レベルへ持っていき、維持していきたいですね。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バドミントン上達塾では、バドミントン上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バドミントン上達のためのDVD教材の販売も行っております。バドミントンに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@badminton-life.com
この記事を書いた人有田圭一有田圭一
バドミントンの名門校として有名な、「東大阪大学柏原高校」バドミントン部元顧問 バドミントン協会公認コーチ 短期間で、選手を劇的に成長させるその指導手腕が注目され、 これまで数多くのバドミントン雑誌で取材を受ける。 また、バドミントンの技術研究と、効果的な上達ノウハウの普及活動に余念がなく、 全国のバドミントンプレーヤーに人気のサイト、「バドミントンアカデミー」を運営。 選手としては、中学から大学在学中まで、バドミントンをプレーしており 個人戦で、継続的に全国ベスト16~32の成績を残した、優秀な選手でもあった。 シニア選手としても活躍し、全日本はもちろん、世界シニアにも出場している。
DVD
バドミントン ダブルス バイブル セット
名門校が実践する!シングルス基本練習プログラム
名門校が実践する!ダブルス基本練習プログラム
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中