バックハンドでスマッシュを強く・角度をつけるコツは?

ハイバック テクニック

バックハンドでスマッシュを強く角度をつけて打ちたいけど、どうすれば良いかよくわからない。

バックハンドスマッシュのコツがあれば、知りたいと思いませんか?

この記事では、バックハンドスマッシュのコツやメリットについて紹介します。

ぜひ、この記事を参考にカッコよくバックハンドでスマッシュを打ってください。

バックハンドスマッシュを強く・角度をつけるコツ

バックハンドでスマッシュを強く・角度をつけるコツを3つ紹介します。

難しいことではないので、ぜひ練習の時に意識して実践してください。

  • グリップの握りを注意する
  • 打点を意識する
  • 打つ瞬間にだけ力を入れる

こちらの3つです。

では、詳しく解説させていただきます。

グリップの握りを注意する

バックハンドでスマッシュを打つときは、グリップの握りに注意しましょう。

いつもレシーブなどで握ってるバックの握り方だとうまく力を伝えることができません。

なので持ち方は、ウエスタングリップとイースタングリップの中間で持ってください。

慣れるまでは、ラケットが振りにくいかもしれませんが、慣れてくれば今までより確実にバックハンドで打ちやすくなります。

意識するだけでも変わるので、バックハンドの練習をするときは忘れないでください。

打点を意識する

バックハンドでスマッシュを打つときは、打点を意識しましょう。

スマッシュを打って角度をつけるとなると、できるだけ高い打点で打つ必要があります。

バックハンドで打点を高くしすぎると、力が入りづらいです。なので何度も練習して、自分の中で力が入って打点ができるだけ高い位置を見つけ下さい。

何度も練習で打っていると、そんなに力を入れなくても角度がついて、早いスマッシュを打てる場所が見つかるはずです。見つかるまで諦めずに練習して下さい。

打つ瞬間にだけ力を入れる

バックハンドでスマッシュを打つときは、打つ瞬間だけ力を入れるようにしましょう。

ラケットを振る時から力を入れていると、うまく力が伝わらず強いスマッシュは打てません。

ラケットを振るときは、シャトルに当たる瞬間まで脱力しておき打つ瞬間にラケットのグリップを握り込み、シャトルに力を伝えます。

これも何回も練習して体で覚えていきましょう。

早いスマッシュを打とうと力んでしまうと、どうしても力を入れてしまいがちですが、そこを我慢して「脱力」を意識して下さい。

バックハンドでスマッシュを打てるメリット

バックハンドでスマッシュを打てるメリットを2つ紹介します。

どうしてバックハンドで、スマッシュを打てるようになるといいのか理解しておきましょう。

  • 打つ選択肢を増やせる
  • 体力に余裕ができる

この2つです。

1つずつ詳しく解説していきます。

打つ選択肢を増やせる

バックハンドで入ると、どうしても打てる球種が限られてしまいます。

しかし、バックハンドでスマッシュが打てるようになると選択肢が「クリア」「ドロップ」「スマッシュ」と増えるので相手の足を止めることが可能です。

なので試合中にバック奥に追い込まれたからといって、前に詰められるようなことが減ります。

前に詰められることが減ると、点数を取るチャンスが増えるのでより試合に勝ちやすくなります。

体力に余裕ができる

バックハンドでスマッシュが打てるようになると、体力に余裕ができます。

バックハンドで打てると、動く距離が短くなるので体力を温存できるようになります。

とくにシニアの試合になると、体力をどこまで持たせるかが重要となるので、バックハンドが使えると有利です。

勝ち上がって行くと、試合数が増えるので体力に余裕を持たせておく必要があります。

バックハンドでスマッシュを打って試合を楽しもう

バックハンドスマッシュはあまり打てる人がいないので、打てるだけでも周りから驚かれます。

打てるショットが増えると、試合もより楽しみながらできるようになるので、ぜひ習得してください。

そして、たくさん試合に出てたくさん勝ちましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中