バドミントンで勝つために活用したいシングルスの戦術とは?

シングルス

今回は、シングルスの戦術を紹介いたします。

ストロークとコースをうまく使い分けて対戦相手を動かして、オープンスペース(相手の空いているスペース)を作ることがポイントなのですが、それには相手を揺さぶらなければいけません。

揺さぶり方は、全部で6つあります。

これらをうまく組み合わせることによって、攻めや守りのパターンが無限に広がっていきます。

それでは、さっそく解説していきましょう。

その① 前後に揺さぶる

  • クリアー
  • ドロップ
  • ヘアピン
  • ロブ

を使い分けて相手を大きく前後に動かすことで、スタミナを奪えます。

さらに、返球ミスも誘えます。

前後の揺さぶりでオープンスペースをつくるには、対角戦を攻めるのが一番効果的です。

同じ場所を連続して、攻めるのもいいでしょう。

その② 左右に揺さぶる

ストレートとクロスのコースを使い分けて、フォアとバックに揺さぶってオープンスペースをつくります。

同じところを狙うのでも、自分の位置によってラケット面の角度が違うため、コントロールには注意が必要です。

また、左右ば かりではなくスマッシュやプッシュでのボディアタックのように、センターも狙いましょう。

その③ 高低で揺さぶる

  • ハイクリアー
  • ドリブンクリアー
  • アタックロブ
  • 普通の高さのロブ

を使い分けて、立体的にラリーを組み立てましょう。

それには、

  • 攻め
  • 守り
  • つなぎ球

の区別をはっきり意識して、打ち返さなければなりません。

高低を使うことで相手の目線を激しく移動させ、ミスを誘うという戦術です。

その④ 緩急で揺さぶる

  • 緩い球を使うことによって速い球を生かす
  • 速い球を使うことによって緩い球を生かす

まず、スマッシュやドロップの緩急の使い分けを練習しましょう。

スピードを変化させれば、球種を増やすことにも繋がります。

その⑤ 変化で揺さぶる

ラリーや組み立てをいろいろと変化させると、相手は次の展開を予想しづらくなります。

くれぐれも単調なゲームづくりはしないで、相手を大いに惑わせましょう。

相手を惑わす代表的なショットである、カットスピンネット

スピンネットはネット前の必須技術なので、ぜひマスターしておきましょう。

その⑥ 球種で揺さぶる

野球と同じで、速球投手はストレートだけで勝負できますが、球威のない選手は球種やコントロールで勝負しなければなりません。

球種が少ないと単純な攻めに陥りやすいので、各ストロー クに2~3種類をもつことを目標にしましょう。

タイミングを変えても球種を増やすことができます。

まとめ

今回、戦術について解説してみました。

戦術とは、合理的かつ効果的な行動のことです。

戦術とテクニックを駆使し、ゲームに挑んでみてください。

それでは、ありがとうございました。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バドミントン上達塾では、バドミントン上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バドミントン上達のためのDVD教材の販売も行っております。バドミントンに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@badminton-life.com
この記事を書いた人たまろんたまろん
サッカー部と柔道部の2つしかない田舎の中学校でサッカーをしていました。中学二年のとき突如としてバドミントン部が新設されたので即座に転部。そこで得たバドミントンの楽しさ・面白さ。その魅力を発信していきたいと思います。
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中