「一流選手の言葉」を考える④基本のオーバーヘッドストロークとレシーブ

練習法 有田圭一 レシーブ トレーニング

前回に続き、福万尚子さんの講習会から学んだことをまとめてみました。

フットワーク指導の後は、実際にシャトルを打つノック形式練習を行いました。

「何がいいですか?」と聞かれたので、「基本のオーバーヘッドストロークとレシーブで」とお願いしました。

オーバーハンドの打点は?

  1. 左手で取れる位置まで下がる
  2. 左手は伸ばしてとる

この2点に、重点が置かれていました。

打点まではどう走ってもよく、とにかく体の正面でシャトルを左手で取れる位置まで早く入って、最後はステップで調整するのが基本でした。

よく指導場面では、ステップでリズムをつけながら後ろに入っていくのを見かけますが、そんなリズムよりもとにかく全力でシャトルの後ろに入ることを強調されていました。

後ろ走りでも何でもokということです。

確かにリズムを気にするあまり打点に入るのが遅れてしまい、リズムがずれることで足がもつれそうになっている人も見かけます。

リズムよく移動できると、なんとなくかっこよさややってるな感が出るのですが、肝心の打点がずれてしまうとショットは乱れてしまいます。

打点を左手を前に伸ばしたところに持っていければ、自然と角度はつけられる

実践されていましたが、左手の前にシャトルを持って行ってから打つと、常に安定した角度でスマッシュが打たれていました。

角度をつけようと手首を使うと余計に浮くので、注意が必要とも話されていました。

いわゆる野球でいうスナップですが、上手な人を側から見ているとスナップで打っているように見えてしまいます。

しかし、実際は肩関節から腕ごと前へ振り出し、インパクトに向かって内旋や回内を行うのでそう見えてしまうわけですね。

私は、もはや積極的に回内運動をするのではなく、

  • 肩甲骨から腕ごと前へ押し出すイメージ
  • 打った後は脱力

という感じを意識して打っています。

目線を動かさない

打点まで早く移動し、シャトルが落ちてくるまでステップで調整する。

しかし、この時にできるだけ目線を動かさないことが大切であると、話されていました。

ラダートレーニングで細かく早いステップをしながらも、正確に足を狙ったところに置いていく目線のブレの少なさが、こういうところで活かされてくるのかと思いました。

よくシャトルを打つ時に

  • 目線がブレている
  • 頭を揺すっている

人を見かけますが、打つ前のステップでも目線がブレます。

できるだけ上下動しないようにステップするのは難しいかもしれませんが、安定したショットにはとても大切であることがこの言葉に表れていました。

自分で打つ前のフォームを動画などに撮り、チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

打つ前は最も遠いところへ打てるように視界をキープする

そこに打てるかどうかは、視界をキープすることで大きくイメージが変わってくるのでしょう。

この言葉は、とても新鮮で衝撃的でした。

そういえば、この球はここに打っておけばいいか…と、ついつい同じ選択をしている自分の姿を思い出しました。

最も遠くに打てる。

つまり、フォア奥からだとクロスの奥に打てる視界を崩すなということですが、なかなか難しいことですよね。

しかし、相手にとってはクロス奥に打ってきそうなフォームに見えるので、前に詰めることを迷うかもしれません。

自分のフォームが相手にとってどう見えているかは戦術的にも非常に大切なので、最初はできなくても意識し続けることが大切だと話されていました。

私もまた実践していきます。

ダブルスでは、最初から攻撃できれば最後まで維持することが大切ですが、なかなかそうはさせてもらえません。

「レシーブから攻撃に変えていきたいですね」ということで、最後にダブルスのレシーブ練習に入っていきました。

数cmでも前に出て相手を押し込んでいく

考え方として、相手のスマッシュをズバーンと切り返して一気に前に詰めていく!というものではなく、少しでもいいから徐々に徐々に前に詰めていくイメージで切り返していくそうです。

徐々に前に詰めていく一方で、相手が押してきたら徐々に下がりながら前に詰めるチャンスを狙うそうです。

よく守る時に一気に後ろに下がろうとして、時間がなくて後ろジャンプしながら下からラケットを上げてレシーブしてしまうことがあります。

これでは、沈めることができずに守りから攻めへの切り替えがとても難しくなるので、前後に出たり下がったりする調整を細かく行うことが大切だと話されていました。

攻める時も一気に前に出るとタイミングがずれて打点がずれますし、守る時も下がりながらのショットは非常にコントロールが難しいです。

詰将棋的な感覚かなと、思いました。

スイングは横振りにならないこと

レシーブ後は前に出ることが前提なので、横振りではダメだと話されていました。

縦振りをすると、振り抜く反動で前に出やすくなります。

横振りだと、横移動になりやすいとのことでした。

そのためには、常に体の正面でシャトルを打てるように細かくステップを使って移動し、肘から振り上げてラケットを縦振りしていくとのことでした。

振り上げたラケットはそのまま上で構えて、相手の次のショットを上で押していくのも効果的ですと話されていました。

なるほど!と、感心しながら聞いていました。

背が低いにも関わらず、相手の攻撃をうまくしのいで攻撃に転じていく。

一気に逆転を狙うのではなく、少しずつでも勝つための確率をあげていくという考え方の根本が、ここに表れていたように思えます。

-ひとこと-

現在、福万さんはアメリカでトップレベルのジュニア指導にあたっておられますが、とても貴重な経験ができました。

やはり、直接会って体感してみないとわからないことが多くあることもわかりました。

ぜひ、アメリカでの活躍にもみなさんご注目ください!

福万尚子さんのFacebook→こちら

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バドミントン上達塾では、バドミントン上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バドミントン上達のためのDVD教材の販売も行っております。バドミントンに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@badminton-life.com
この記事を書いた人有田圭一有田圭一
バドミントンの名門校として有名な、「東大阪大学柏原高校」バドミントン部元顧問 バドミントン協会公認コーチ 短期間で、選手を劇的に成長させるその指導手腕が注目され、 これまで数多くのバドミントン雑誌で取材を受ける。 また、バドミントンの技術研究と、効果的な上達ノウハウの普及活動に余念がなく、 全国のバドミントンプレーヤーに人気のサイト、「バドミントンアカデミー」を運営。 選手としては、中学から大学在学中まで、バドミントンをプレーしており 個人戦で、継続的に全国ベスト16~32の成績を残した、優秀な選手でもあった。 シニア選手としても活躍し、全日本はもちろん、世界シニアにも出場している。
DVD
バドミントン ダブルス バイブル セット
名門校が実践する!シングルス基本練習プログラム
名門校が実践する!ダブルス基本練習プログラム
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中