バドミントンのダブルスが強い人の特徴と共通点について

ダブルス

バドミントンは1人で戦うシングルスと、2人で戦うダブルスがあります。

最近ではダブルスの人気が高まってきていますが、ダブルスはただ人が増えただけではなく、戦術、試合の展開などシングルスとはまた違う魅力があります。

そのバドミントンのダブルスにおいて、強い人の特徴と共通点について解説していきます。

バドミントン基礎能力の高さ

ダブルスだけでなくシングルスでも言えることですが、バドミントンにおける基礎能力の高い人が強い人と言えます。

正確にコースを狙えるショットが打て、無駄な動きの少ないフットワークの軽さがある。これらが強い人の代表的な特徴です。

ミスの少ない正確なショット

バドミントンは守っていても勝てません。

しかし、たとえ攻めに転じてもダブルスの場合は穴が少ないため、闇雲に強いショットを打ち続けても勝てません。

正確なショットで相手コートの穴を狙い、また相手の苦手のコースへ適切なショットを打ち、相手のフォーメーションを崩しその綻びを狙います。

その積み重ねが得点へと繋がります。

ダブルスではミスの少ない、より正確なショットが必要とされます。

下半身、フットワークの安定

バドミントンのダブルスでは試合展開がスピーディーに進みます。

最短距離でのショットへの対応、状況によっての攻守切り替え、パートナーとの距離感、これらをムダなく行える下半身の強さ、フットワークの軽さが要求されます。

ダブルスの強い人は柔軟な戦略対応ができる

ダブルスの強い人は、基礎能力に基づく自分の型を持っていますが、相手を観察して相手によって戦略を変える柔軟さも持っています。

相手のローテーションの綻びや、相手の弱点、癖を観察して、相手の嫌がるプレーを即座にできる人が強い人です。

柔軟な戦略対応

いつも自分のペースでバドミントンができれば問題ありませんが、サウスポー、高身長、スマッシュが強い相手など、状況はいつも同じではありません。

スマッシュが強い相手なら、スマッシュを打たせないように配球をするなど、変化に対応できる地力を持つことが強い条件です。

相手の弱点を突く

ダブルスは2人ペアですが、1+1=2だけではなく、ペア同士の連携が取れていなければ答えは1になることもあり、逆にペア同士の役割分担が適切に行われていれば、答えは3や4になる特徴があります。

相手の弱点を突き、相手にきれいなバドミントンをさせないことが強い人の特徴です。

ダブルスの強い人に必要なスピード

ダブルスは非常に展開が早く、そのスピードが魅力の1つであり、スピードに対応できることが強い人の条件です。

1球打って満足するのではなく、常にラリーを想定してスピードを持続させることが必要です。

ダブルスはスピードが命

バドミントンのダブルスにおいて、攻撃的でスピード感のあるペアが強いです。

スピードを保つために必要な正確なショット、強靭な下半身、途切れない集中力がバドミントンの強い人には備わっています。

またラリーの間は無酸素運動であり、日ごろからその環境を想定し練習しています。

2球目3球目への意識

1球気持ちの良いスマッシュを打つと気が緩んでしまいがちですが、コートの穴は小さいので相手は強く速い球を返してきます。

ダブルスでは2球目、3球目への対応が必ず必要です。

練習ではノッカーが2球3球連続で上げたり、素振りでもそれを想定することが必要です。

1球で途切れないスピードの持続は強い人の最も重要な特徴です。

まとめ

バドミントンのダブルスにおいて、強い人はそれなりの理由があり、それ相応の練習、鍛錬を積んでいます。

どの強い人の特徴も一朝一夕で身につくことではありませんが、日ごろから基礎練習、常に自分よりも強い人と試合を想定した練習を行うことによって、バドミントンのダブルスが強い人と言われるようになります。

関連記事:
ダブルスで勝てない選手の「3つの特徴」とは?
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中