ダブルス

今回は、ダブルスの戦術についてご紹介させていただきます。ダブルスでは陣形を逆手に取って、相手を崩しながら攻めていくのが基本です。その中でも、今回紹介する方法は、ぜひ覚えておいてほしい攻め方です。

ネット前 テクニック

今回はプッシュのミスを減らすための方法を解説していきます。相手の甘い返球を決めるためのプッシュ。これを、きちんと決めれるか、決めれないかで、戦況も大きく変わります。プッシュの考え方から、テクニックのコツもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

メンタル パフォーマンスUP

大会では、常に自分の流れで進めていくことは非常に困難です。ですが、これが対人競技であるバドミントンの難しさであり、面白さでもあると思います。そこで、試合で相手に流れがあるときの対処法について、まとめてみました。

レシーブ テクニック

スマッシュレシーブが苦手な方へ、今回は5個のチェックポイントをお伝えします。「レシーブが苦手だな」「速いスマッシュを返すのができない」と感じる方はぜひ、以下のポイントを確認して、上達に役立ててください。

スマッシュ テクニック ダブルス

ダブルスの基本攻撃の一つをご紹介いたします。ダブルスでのスマッシュ攻撃の基本として、相手の身体周りをめがけて打ことが一つの方法です。ですが、ただ相手のボディをめがけて打つだけでは、効果的な攻撃にはなりません。次のポイントと、攻撃を組み合わせて攻めてみてください。

ネット前 テクニック

試合において、スピンネットは形成をガラッと変えるプレーです。いいショットが打てれば、そこから攻撃に転じることができます。しかし、浮いてしまったりすると、逆に攻め込まれることも…。今回は、ネットプレーの質を高めるためのコツを、いくつかご紹介いたします。

スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット テクニック

今回は、オーバーヘッドの力の入れ方、特にゼロポジションからの、高い打点でとらえる方法についてについてご紹介します。バドミントン上達のためにも、重要な要素なので、ぜひマスターしてください。

ダブルス

ダブルスでの前衛の仕事はプッシュなどの強打で、一発で決めることだと思っていませんか?ですが、相手のレベルが上がるほど、簡単には決まらないですよね。攻めているつもりでも、逆に追い込まれたり、カウンターを喰らったりすることもあります。そこで今回は、前衛尾攻撃のバリエーションを増やすコツを教えます。

ダブルス

後衛の攻撃と言えば、やはりスマッシュ。スマッシュで攻め切ることができれば、ポイントが取れると思っていませんか?確かに、スマッシュで決まれば問題ありません。ですが、トップアンドバックで後ろに来た球を、すべてフルスイングのスマッシュで攻撃してはいけません。以下の場合は、フルパワーのスマッシュは打たないでください。

フットワーク ダブルス シングルス

「練習では上手くできてるのに、試合になるとミスが多くなる」このような、悩みを抱えた選手も多くいますし、ご相談もよくあります。上手くいかない原因は、人それぞれですが、試合で上手くいかない多くの原因は、「体の使い方」にあります。今回は、試合でも練習通りにできるための方法と練習のコツをご紹介します。