レシーブを安定させる股関節のトレーニング

講師一覧 レシーブ トレーニング 藤本ホセマリ テクニック パフォーマンスUP

 

レシーブが安定しないのは「打点がズレる」ことや、
「タイミングが合わない」などのほかに、

「股関節と殿筋部分の筋肉がうまく使えていない」という
理由もあります。

この2つがしっかり使えないと、身体の軸が安定せず、
グラつきが生まれ、安定してスイングができません。

特に、飛び込んで羽根を拾うような動作の時や、
地面ギリギリの羽根を大きく1歩で取ろうとするときに
この「軸の安定」が求められます。

皆さんは、股関節と殿筋部分を上手く使いながら
バドミントンができていますか?

さっそく、今回の動画を見て、チェックしてみてくださいね。