バドミントンで必要なストロークを習得する

練習法 パフォーマンスUP

バドミントンをこれから上手になっていこうと考えていく中で、ストロークのトレーニングは必要不可欠です。

試合などでも意識することが重要で、しっかりと把握することによって有利に進めていくことができます。

意味も考えながら、バドミントンにおける正しいストロークやトレーニングについて見ていきます。

ストロークの基礎を把握してトレーニングを行うポイント

基本的にストロークは打つ動作となりますが、バドミントンでは様々な種類があります。

豊富な種類がありますが、最初はバドミントンにおけるストロークをしっかりと理解していくことが重要です。

そして試合でも活用できるように、ポイントを理解してからトレーニングしていくようにしましょう。

基本姿勢から学んでストロークを理解する

バドミントンにおけるストロークは、相手から飛んできたシャトルに対してスピーディーに反応していくために構えておくことが重要です。

最初にシャトルに対し、極力正面に向いた状態で少し肩幅より広めに足を開いておきます。

膝を少し曲げて、フットワークも落とさないようにしましょう。少し前に傾けておくと、よりシャトルを打てる状態になります。

そして打ち返したところで、再び基本姿勢に戻していくようにフォームを整えておきましょう。

ストロークでいうと例えばオーバーヘッドストロークの場合だと、クリアを打つ時に頭上にきているシャトルをラケットを大きく振って高い打点で打っていきます。

これはシャトルが落ちてきた時に、下にスピーディーに入り込んでいくことが重要です。他のストロークでも注意すべきポイントがありますが、素早く入り込む力が求められます。

ストロークに関するトレーニングを考える

トレーニングを行う際には、ストロークに有効な方法を理解しておきましょう。

バドミントンでは様々なストロークがありますが、それぞれマスターしていくために効果的なのはノックです。

数種類あるストロークにおいて、ホームポジションをしっかりと準備しておくことが重要です。

例えばシャトルをオーバーヘッドストロークならば頭上へ高く上げていき、クリアするような感覚で行っていきます。

トレーニングを行う人はホームポジションより、シャトルをスピーディーに打てるように反応していくことが求められます。

動く時には意識しながら、的確に返せるようにラケットを当てていきましょう。

そして事前に怪我をしないように、日々筋トレや準備運動を行っておくことも重要です。

ノックは日々アレンジしていきながら、自分が苦手と感じる場所へ何度も打ってもらうとレベルアップすることができます。

集中的に克服できるようにメニューを組んで、日々克服していきましょう。

ストロークと打つ時のポイントを理解する

ストロークには様々な種類があり、ポイントを理解することが重要です。

そして適宜試合で活用できるように、日頃からトレーニングを積んでいくようにしましょう。

トレーニング方法もバラバラなので、バランス良く進めていくことが求められます。

オーバーヘッドやアンダーハンドストロークはすぐに習得する

ストロークの中で基本となるのがオーバーヘッドやアンダーハンドストロークで、オーバーヘッドストロークで頭上のシャトルを打つことになります。

オーバーヘッドストロークはクリアやドロップショット、そしてスマッシュなどが該当します。

シャトルの落下点を見極めて素早く入って真上で打たず、後ろに少し下げて返していくのがポイントです。

この時オーバーヘッドストロークでミスしがちなのが両足が揃ってしまったり、頭が上下するケースがあります。

この癖を解消していきながら、トレーニングに励んでいきましょう。

アンダーハンドストロークも最初に習得すべきストロークで、ネットの近くで守備に徹する時に多いです。

低い位置からネットの手前に落ちてきたシャトルを返すストロークで、腕を捻って手首を返しながら利き足で移動してすくい上げていきます。

サイドハンドストロークはトレーニングが不可欠

腰から肩辺りにシャトルが飛んでくることがありますが、これを打ち返すのがサイドハンドストロークです。

このストロークは試合でも多く利用するので、しっかりと習得しておきましょう。

利き足が重要で同じ方向の少し斜め前へ最初は出していきます。

ここからバックスイングに入っていき、後ろへ肩を引いたところでひじを曲げて手首を返します。

ここから大きく打ち返していきますが、どうしてもサイドアームストロークが上手にならないと悩む人も多いです。

腕が伸びきる時には肘から先に注目して、うまく使えるようにトレーニングしていきましょう。

強い打球を相手へ返せないので、肘を軽く曲げてからリストスタンドによって手首を活用して飛ばしていきます。

どうしても手首が伸びてしまう時にはリストスタンドがちゃんとできていないので、その点をトレーニングで克服することが重要です。

そしてラケットを振り抜く時に脇が開いてしまう時には、脇を軽く締めることが大切です。

肘を軽く曲げて、腕が棒のような状態にならないように打っていきましょう。

まとめ

高い打点で時にはシャトルを捉えないといけませんが、ストロークはバドミントンで必要不可欠なテクニックです。

コート内で様々なところにシャトルが飛んできますが、着実に相手に返すためにトレーニングを積んでいくことが重要です。

時には指導を受けながら修正していき、試合でも着実に相手に返せるように対応していくことが求められます。日々のトレーニングで習得し、試合で活用していきましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中