ハイバックのカットを 綺麗にネット前に 落とす「3つのコツ」とは?

ハイバック テクニック

ハイバックのカットを綺麗にネット前に落としたいけど浮いたり、ネットにかかってしまう。

綺麗に落とせるような、コツや練習方法があったら知りたいと思っていませんか?

この記事では、ハイバックのカットを綺麗にネット前に落とすための、コツや練習を紹介しています。

ぜひこの記事を読んで、ハイバックのカットを使えるようになってください。

ハイバックのカットを打つためのコツ

ハイバックでカットを打つためのコツを3つ紹介します。

  • 相手に背中を向ける
  • 打点に気をつける
  • 力を抜いて打つ

この3つが、ハイバックでカットを打つためのコツです。

では、1つずつ詳しく紹介していきます。

相手に背中を向ける

ハイバックのショットを打つときは、相手に背中をしっかり向けて打ちましょう。

しっかり後ろを向いて打たないと、ネットにシャトルがかかったり、浮いてしまうなどのミスにつながります。

ハイバックを打つときに相手が気になって、相手側のコートを見してしまうと打点や、力がうまく伝わらずミスしてしまいます。

なのでハイバックを打つときは、ミスを減らすためにも、必ず後ろを向くようにしてください。

打点に気をつける

ハイバックを打つ時も、打点には気をつけましょう。

打点が後ろすぎると、力の加減が難しくシャトルをうまくコントロールできません。

ハイバックの打点の位置は、人によって違ってきます。

骨格などによっても変わってくるので、自分の打ちやすい位置を、早く見つけることが重要です。

ハイバックを打つときは、打点に気をつけましょう。

力を抜いて打つ

ラケットがシャトルに当たる瞬間まで、力を抜いてハイバックのカットを打ちましょう。

力が入ってしまうと、打点がブレたり力をうまく伝えられずに、ミスやシャトルが浮く原因となります。

ハイバックで綺麗にカットを打とうとして、力が入ってしまうことがよくあります。

しかし、脱力してインパクトの瞬間だけ力を入れると、綺麗にシャトルを返すことが可能です。

ハイバックカットを打つための練習方法

ハイバックのカットを綺麗にネット前に落とす練習方法を3つ紹介します。

  • 基礎打ちにハイバックカットを取り入れる
  • ノックで練習する
  • ハイバックの素振りをする

この3つの方法です。

1つずつ詳しく解説します。

基礎打ちにハイバックカットを取り入れる

基礎打ちにハイバックのカットを取り入れて、打つことに慣れましょう。

まずは、数打たないと打ちやすい打点や感覚がわからないので、基礎打ちにも取り入れてください。

ネットにかけてもいいので、打点やフォームを意識してハイバックカットの基礎打ちをしましょう。

ノックで練習をする

ノックでハイバックのカットを練習しましょう。

ノックで反復練習して感覚をつかんでください。

自分の打ちやすい打点を見つけるには、ノックが最適です。

繰り返しハイバックでのカットを練習して、自分が打ちやすい打点、体の使い方を身につけてください。

ハイバックの素振りをする

手軽にどこでもできるハイバックの練習は素振りです。

ハイバックの振りが慣れていないと、握り方や体の使い方がスムーズにできません。

ですので、素振りをして、まずは慣れることを心がけてください。

素振りは体育館はもちろん、家でも出来るのでぜひやってみてください。

そのときにスマホで動画を撮ると、自分がどんなフォームで素振りしているのか、わかるのでおすすめです。

撮った動画は必ず見返して、確認してください。

ハイバックのカットを打ってバリエーションを増やそう

ハイバックカットのコツや練習方法を紹介してきました。

ハイバックでカットを打てるようになると、相手も何を打ってくるのか迷って、反応が遅れます。

すると、ラリーを有利に進められるので点数を取りやすくなります。

ぜひ、ハイバックのカットをうまく使い試合で勝ってください。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中