タグ:フェイントが付いている記事一覧


スマッシュ ドロップ カット

バドミントンには、いくつかのフェイントがあります。中には、シングルスとダブルスで使用頻度が違うモノもあります。そこで、今回はスマッシュとカット、ドロップについてお話していきます。

練習法

バドミントンの試合で勝つために必要になってくる技術が、”フェイント”です。フェイントをどれだけ有効活用できるかによって、プレーの質や勝利に直結してきます。

トレーニング

バドミントンには、いくつかのフェイントがあります。そのため、フェイントを試合で活用できるようになると、自身のプレーの幅が広がります。そこで、今回はロブとヘアピンについてお話していきます。

トレーニング パフォーマンスUP

バドミントンには、複数のフェイントがありますよね。そんなフェイントですが、なぜバドミントンにおいて重要なのでしょうか?

小田ゆうか

フェイントって、試合を組み立てる要素として覚えておきたいスキルですよね?特に、初心者のうちからいくつか覚えておくと、試合に幅が生まれます。

講師一覧 有田圭一 スマッシュ クリア・ドリブンクリア テクニック

バドミントンで点数を取るめの方法として「時間を騙す」ことについて解説いたします。早く言えばタイミングを狂わせるということですね。スマッシュなどの強打を見せる中でも、切ってみたり、コンパクトにスイングしてみたり、打点を変えたりと、様々な工夫をすることで攻撃のバリエーションとともに、得点をとれる可能性は上がってきます。

講師一覧 有田圭一 トレーニング パフォーマンスUP

ストレートに打つかクロスに打つか。もちろん人それぞれ癖がありますので一概には言えませんが、私の感覚では体の向いている方向、もしくは肘を引いた逆側にシャトルが来ることが多いです。右利きの場合ですが、フォアハンド奥からは十分に半身が作れればストレート、半身が浅ければクロス方向に来ることが多く、ラウンド側からは十分に半身が作れればクロス方向、浅ければストレート方向へと来ます。

シングルス

シングルスの攻撃型プレーヤーの中にはダブルスのように体回りの対処が上手く、そのテクニックの旨さを利用してシングルスを戦う選手もいます。このような選手と試合で当たったときの対処法を、わかりやすくご説明いたいます。

練習法 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ サービス・サービスレシーブ テクニック パフォーマンスUP

バドミントンにおいてフェイントとは相手を騙す技術であり、試合で勝つための重要な技術です。ですが、「上級者のテクニックだから自分には難しい…」というイメージがあり、なかなか実践できていない人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はフェイントの基本的な技術とともに、簡単にできる練習法もご紹介いたします。