タグ:パターン練習が付いている記事一覧


練習法 パフォーマンスUP ダブルス シングルス

今回は、シングルスプレーヤーを大きく3つに分けたときの「ダブルス型プレーヤー」の特徴を伸ばすための代表的な練習法をご紹介します。この戦術を得意とするプレーヤー低い展開で攻めるタイプです。まずは自分はどんなプレースタイルなのか、自己分析をしてみて、今回ご紹介するシングルスの「ダブルス型タイプ」の練習法を取り入れてみてください。

練習法 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット テクニック パフォーマンスUP シングルス

強い気持ちでしっかり動き、キレイなストロークでラリーをつないでいくのが、ラリー型プレーヤーの特徴です。バドミントンコートの四隅を丁寧に突いていくような配球をして、相手の体力を奪い、動きが鈍くなるのを待つようなバドミントンのプレースタイルでもあります。このようなバドミントンのプレースタイルの選手は、シャトルに素早く寄ることができます。

練習法 パフォーマンスUP ダブルス

後衛は攻め続けるなかで、自分で決めきる方法も身につけておくことが一つの役割です。ですので、後衛でも後ろからガンガン攻撃して、自分で仕留めていくことポイントをとれることで、より攻撃的なダブルスへと変わっていきます。そこで、今回はダブルスでの後衛のバドミントン練習法についてご紹介いたします。

練習法 パフォーマンスUP

バドミントンの練習メニューの一つである「オールショート」。前に返し、シャトルをより沈めることで、相手に上げさせ攻撃に転じる形を作りたいという理由から、最近の練習ではシングルスでもダブルスでもオールショートが主流となっています。そこで今回は、このオールショートの練習メニューについての注意点も含め、アレンジの練習メニューを紹介いたします。

練習法 パフォーマンスUP ダブルス

ダブルスの守備の泣きどころ。それは2人のセンターです。自分が取るのか、パートナーが取るの、一瞬でも判断が遅れてしまうと相手のポイントやミスになってしまいます。そこで今回は、このセンター攻撃の対処基準と、センター攻撃に強くなるための練習法をいくつかご紹介します。

練習法 パフォーマンスUP

バドミントンの練習の中には「パターン練習」というものがありますが、パターン練習の目的とは何でしょうか?また、パターン練習とはいったいどのような意図があり、どのようなことに注意して練習をすればいいのか?今回は、バドミントンにおけるパターン練習の意図やメリット、注意点ついてご紹介いたします。