タグ:ドロップが付いている記事一覧


スマッシュ ドロップ カット

バドミントンには、いくつかのフェイントがあります。中には、シングルスとダブルスで使用頻度が違うモノもあります。そこで、今回はスマッシュとカット、ドロップについてお話していきます。

スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ネット前 小田ゆうか

バドミントンには、いくつもの技や技術があります。しかし、初心者はどの技をどうやって打てばいいか悩んでいる選手も、多いと思います。そこで、3つに分けていくつかの技をご紹介します。

練習法 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット テクニック パフォーマンスUP シングルス

強い気持ちでしっかり動き、キレイなストロークでラリーをつないでいくのが、ラリー型プレーヤーの特徴です。バドミントンコートの四隅を丁寧に突いていくような配球をして、相手の体力を奪い、動きが鈍くなるのを待つようなバドミントンのプレースタイルでもあります。このようなバドミントンのプレースタイルの選手は、シャトルに素早く寄ることができます。

講師一覧 有田圭一 メンタル パフォーマンスUP ダブルス シングルス コラム

コートを広く使うのではなく、中央付近を狙います。まずはエラーを減らさないと得点されてしまうので、自らコート外に出すことは避けましょう。1)強い球を打つバドミントンはこのシャトルの初速が速いことに魅力があるのは多くのメディアでも語られますね。テレビ番組でタレントの方々がスマッシュを取ろうとするシーンをよく見ます。

講師一覧 有田圭一 クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ テクニック

オーバーヘッドの構えからインパクトまでの間で注意することは「目線をブレさせない」「ラケット面を見せる」「大きな筋肉を使う」「弓を射るように」「弧から線へ」です。このうちのどれか一つが大事ではなくすべてが重要です。順番に確認していきましょう。

スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ドライブ ハイバック ネット前 レシーブ サービス・サービスレシーブ テクニック

ラケットの握り方(グリップ)は一番最初に覚えることですが、一般的に正しいグリップでシャトルを打とうとすると、意外と難しかったりします。そこで今回は、グリップの持ち方と握り方など、それぞれの特徴を解説しながら、グリップの重要性についてご紹介いたします。あるショットが上手く打てないという方、バドミントンを初めて間もない初級者は、ぜひ一度今回の記事を見て、参考にしてみてください。

スマッシュ テクニック

今回は、スマッシュの中でもノーテイクバックで打つスマッシュをご紹介いたします。このスマッシュはディンクスマッシュや、点殺ともいわれ、早い展開などの時に有効なショットです。シングルスでもダブルスでも使えるテクニックなので、ぜひチャレンジしてみてください。