バドミントンのシングルス戦術・ドロップ・カットを活用した戦い方

ドロップ カット テクニック

バドミントンではドロップ・カットといった、様々なラケットテクニックを駆使してシャトルを打ち返していく方法があります。

時にはフェイントなどで使うことができ、想定外の場所へ打ち返していくこともできるようになります。

ドロップ・カットを活用しながら、しっかりとポイントに結びつけることが重要です。

組み立ても考えながらバドミントンのトレーニングを考えないといけませんが、シングルスでは尚更自分で対応することを意識することが必要です。

それぞれの球種を把握して、戦術に活かしていきましょう。

ドロップの打ち方などを理解して戦術に活用する

テクニックが求められるバドミントンの打ち方の中で、ドロップ・カットなど特殊な打ち方もあります。

それらを活用しながらシングルスで相手を翻弄しながら勝利を収める戦術を考えていくようにしましょう。

ドロップを理解して戦術を考える

ドロップはバドミントンのストロークである、オーバーヘッドストロークの一つです。

主にクリアもしくはスマッシュといった、ラケットを振りかぶってシャトルを上から打っていくショットとなります。

カットに近い状態となりますが、ドロップも同じように上から打ちネットの近くへ落としていくタイプのショットとなります。

打ち方はカットだと斜めにシャトルをラケットに当てますが、フラットにドロップでは当てていきます。

スイング速度もドロップはカットよりも遅く、ゆっくりとシャトルに当てて返していくことになります。

そして、ドロップによって相手はネット付近まで近寄らないといけない状況を作ることが多いです。

ネット前に弱い相手ならば、積極的にドロップで対応していくといいでしょう。

そして、スマッシュなどと同じように、ドロップを使う時には相手を動かしたり体勢を崩していく時に活用します。

スマッシュの騙し技という形で扱うこともあるので、フェイントなどに有効利用していきましょう。

的確にドロップを打つためのフォームを把握する

ドロップは打ち方をみるとスマッシュに近く、優しく触れるようにシャトルを当てて成立していきます。

ただし、中途半端だとカウンターを喰らうこともあるので、構えをしっかりとしてから打っていくようにしましょう。

他の球種と同じくドロップは重心移動を行いながら打ち、ネット前に相手を移動させていくことが求められます。

ただし、ドロップは速度がほとんど出ないため、フォームなどから相手に読まれてしまうこともあります。

ネット前に打つ前に移動されて、簡単にカウンターを喰らわないように対応していきましょう。

どうしてもドロップがちゃんと入らない時には、理由を考えながら距離を調整したり、繰り返し理想のコースへ入るように集中的にトレーニングしていきましょう。

浮いてしまうとカウンターを喰らうので、スイングの強化などにも力を注ぎましょう。

カットを活用してシングルスで有利に動ける戦術

シングルスではカットショットも有効で、相手に対してフェイントなどを仕掛ける際に効果的です。

特にラリーが速くなってきた時に、フェイントとして利用できるので便利です。

重要な場面でカットを打てるように、戦術を立ててトレーニングを行っていきましょう。

速い展開のラリーに持ち込むための戦術を立てる

飛びついて打つカットを活用してラリーを速くすると、非常に効果的です。

スマッシュ同様に速いショットですが、カットは正確にコースをスマッシュ以上に考えていくことができます。

相手は打ち方などを把握して、スマッシュを警戒することもあります。

ロブやクリアで大きく上げなければ、飛びつかれてカウンターを喰らってしまうこともあります。

戦術としてラリーが速くなる時は、とにかくスピーディーにホームポジションへ戻ることです。

重心がどうしてもブレてしまうので、体が理想の方向と反対に向いてしまうこともあります。

打ちっぱなしの状態だと失点するので、ラリーがつながるように体の向きやホームポジションを意識していきましょう。

バリエーションをカットの打ち方で加える

シャトルをまるで切っていくように打つカットは、短く落ちていくショットになります。

しかし、カットだけでは試合では武器にはならないので、相手を騙せる状態に仕上げていくことが必要です。

想定外の方向へシャトルが飛んでいくカットは、相手を騙す上では活用できるショットです。

ただし他のショットと組み合わせていきながら、バリエーションを加えて攻めていくことが重要です。

スイングを行う際にはスピードを考えて、スマッシュと極力同じようにしましょう。

また打点やタイミングはなるべく高くして、タイミングはずらすなど当て方を考えていくことも必要です。

空いたスペースができれば、そこへ打ち込める判断力も鍛えていくようにしましょう。

まとめ

ドロップやカットはバドミントンでは特殊なショットで、内容によって相手の意表を突くことができます。

時にはスマッシュ以上に効果が出てくるので、バリエーションを作りながら戦術を立てていくようにしましょう。

相手に見抜かれないように、的確にドロップやカットを活用していくことが重要です。

おすすめ記事
⇒ 誰でもできるフェイントのコツ

新サービス開始!バドミントンレッスン動画が980円で見放題!

バドミントンレッスン動画が月額980円で見放題

先着100名様限定!500円で人気教材をGETしよう!

LINEの友だち登録をするだけで、トップ選手の戦術がたった500円で学ぶことができます。

福井剛士コーチの攻撃的ダブルス教材(DL版)を
先着100様限定で
ワンコインの
500円で手に入れるチャンス!

詳細はこちらをクリック!