タグ:ジュニアが付いている記事一覧


講師一覧 岩垂潤 メンタル パフォーマンスUP

指導者や保護者は選手や子どもとどのように関わり、モチベーションを高めて成長させるサポートをしていくことが、何故大事なのか?試合で勝つためにも、上達スピードを加速させるにも、モチベーションを高い位置で保たせてあげるこは非常に重要です。

講師一覧 岩垂潤 メンタル パフォーマンスUP コラム

集中力が高い状態を持続できるチームや選手は高い確率で結果を出すことができます。選手や生徒の集中力を持続させるために重要なことは、集中できる時間を考慮した練習の中で、やるべきことを明確にして練習に取り組ませることです。

講師一覧 中西洋介 コラム

近年ではバドミントン開始年齢が低年齢化しており、小学校入学前からシャトルに触れている子も少なくはないでしょう。この記事では1年生からバドミントンを始める際に身につけおきたいスキルと、練習法を順を追ってご説明していきたいと思います。

練習法 講師一覧 能登則男 パフォーマンスUP コラム

たくさん練習をしたくても、体育館や時間の関係で、十分にできないこともよくあると思います。ですが、環境が恵まれない中でも試合に勝つ選手、学校はたくさんあります。それはいったい、なぜのか?また、そのような環境でどのような練習をしているのか?そこで、バドミントン育成のプロである能登則男監督にお話をしてみました。

講師一覧 能登則男 コラム

正しいフォームで打つための腕や足、身体の使い方を頭で理解しても練習をしなけば、打てるようになることはありません。 しかし、初心者にとっては、はじめておこなう練習を一つ一つ行うだけでも精一杯。初心者に対して指導をするときはできるだけ「シンプル」で「わかりやすい」指導をしなければいけません。

講師一覧 スマッシュ クリア・ドリブンクリア ドロップ カット ネット前 能登則男 テクニック コラム

初心者指導では、まず「基礎」を固めることが一番重要である。ですが、バドミントンにおいて「基礎」とはいったい、何なのでしょうか?この記事では、本当に必要な基礎技術について簡単に紹介しています。

講師一覧 能登則男 コラム

新学期、または新年度には、バドミントンの指導、技術についてたくさんのご相談を伺います。指導者であれば、新入生が入ってくる時期でもあり初心者指導について、お悩みの時期かもしれませんね。また、プレーヤーであれば、これから大会が盛んにおこなわれるシーズンに入ったばかりでもありますので、試合で感じた自分の弱いところを再確認でき、改めて「基礎」の見直しをするには、ちょうどいい時期でもあります。ですが、あるお客様の提案を伺ったときふと、あることを思いました。