「いい位置で打つ」

講師一覧 有田圭一 メンタル

こんにちは。有田圭一です。

「いい位置で打つ」

これは相手にショットを読ませない、狙ったところへ
正確に打ち込むために大切なことですが、

そのいい位置に入る前に何となく違和感を感じて上手く打ち出せないことが
多くありました。上手く打ち出すことが出来ないとそのショットを
評価してしまい、次への反応は遅れます。

遅れるのでまた力む、いいショットがまた打てない...
を繰り返す。息が上がり不安感に襲われる...。

開き直るように考えてもエラーでまた
「このままではダメだ・・・」と自分を追い込む。

そのような中でも終盤、シャトルだけを素直に追いかけられる
こともありました。その時には次への動きがスムーズに
つながっていることも感じられました。

自分の心なんてコントロールできません。
ただ、俯瞰することが出来れば大丈夫ですが、
コントロールしよう、さらには結果までもコントロールしよう
としている自分の欲深さが見えて「欲しがっているよね~」
と観察します。

様々な人が色々工夫をしてバドミントンを楽しんでいます。
「人生豊かになるよね」と話している姿を見て小さなことに
拘っている自分の視野の狭さが見えました。

大会も近くなり、夜間の練習も今までに無く盛況でレベルも
格段に上がっています。いつもより息が上がってしまった
理由はまだわかりませんが、それをトレーニングで!とも
考えましたが、「そういう時もある」とアドバイスをくれた
先輩に感謝です。