【バドミントン】カットを駆使した戦術を考えよう!

カット テクニック

バドミントンにおいて、カットショットは、相手を惑わし、厳しいショットを打てなくしたり、自らの得点チャンスを増やすために使われるショットです。

ですが、使い方を間違えれば、相手のチャンスボールにもなることがあります。

そこで、この記事は「攻撃的にラリーを仕掛ける」ためのカットの使い方についてご紹介します。

スマッシュとカットを上手く使い分けることができれば、シングルスでもダブルスでも戦術の幅が広がります。

ですので、スマッシュを決め球にできなくて困っている方は、この記事で紹介する「カットを駆使した戦い方」をマネしてみてください。

カットを武器にする

「スマッシュが速くなくて、決まらない…」

「女子より、スマッシュが遅いんじゃないか?」

と、スマッシュの威力やスピードがなく、攻撃的に攻めれないと悩む選手も沢山います。

確かに、バドミトンの花形でもあるスマッシュで決めることが、カッコいいですし、気持ちも良いですよね。

ですが、やはり得意不得意はあるものです。

そんな悩みを持っている選手は“カット”を武器に、試合を組み立ててみてください。

もし、カットを武器にできた場合、スマッシュは相手の体勢や陣形を崩す「カットのための布石のショット」として考えても問題ありません。

カットを駆使して、試合で上手く使うことができれば、決め球として試合を有利に運ぶこともできます。

カットの打ち方にバリエーションを加える

カットはシャトルを切るように打ち、短く落とショットですが、それだけでは武器にはなりません。

相手にスマッシュを打つと見せかけて、カットを打つことで効果を発揮するショット。つまり「相手を騙す」ためのショットです。

そこで「相手を騙す」ようなカットを打つためにいは、打ち方にバリエーションを加えていきましょう。

カットのバリエーションを加えるには、以下の3つのポイントを意識してください。

  1. スイングスピード
  2. 打点
  3. タイミング

スイングスピードはスマッシュと同じように

まず、相手にスマッシュと思わせるには、スイングスピードを落としてはいけません。

できるだけ、スマッシュのように鋭くラケットを振って、カットを打てるようになりましょう。

「同じスピードで振ると、シャトルを短く落とせない」という方は、シャトルの当て方(インパクト)を工夫してみて下さい。

短く落とせないという方は、まだ分厚くインパクトしている可能性が高いです。

短く打てないのであれば、カットと言われるぐらいなので、もっとシャトルを切るように打ってみてください。

この感覚は練習で養っていくしかありませんので、たくさんシャトルを打って、自分なりの感触をつかんでいきましょう。

カットの詳しいコツについては、このブログ内の「カットはインパクトとスイング方向が重要」に紹介していますので、参考にしてみてください。

参考記事:
「カットはインパクトとスイング方向が重要」

打点はなるべく高く

先ほどのスイングスピードと同様に、打点もスマッシュと同じような高い打点で打てることがベストです。

そうすることで、相手はスマッシュなのかカットなのか判断が難しくなります。

ですので、スマッシュのように相手の体勢やポジションを確認し、空いたスペースがあれば、すばやく速く打つことが心がけましょう。

~補足~

ただし、自分に余裕がなく、相手がしっかり待っていれば、球足の短い遅いカットを打って、自分が体勢を整える時間を作るようにしましょう。

このように、攻めではなく、守りのショットとしても使えますので、ぜひ挑戦してみてください

リズムを変えてタイミングをずらす

カットを打つときは、いつも同じようなリズムで打ってしまうと、相手もそのタイミングに身体と目が慣れてきます。

つまり、どれだけ自分が良いカットを打てたと思っても、簡単に拾われてしまう可能性があるということです。

そこで、重要なのがリズムを変えて打つこと。

いつもよりカットを打つリズムから、少しテンポを速くして打ってみたり、または逆に、遅いテンポで打ってみたりと工夫して打ってみてください。

すると、相手はカットを打つリズムが掴めず、何が飛んでくるか分からなくなります。

ですので、いつも同じリズムで打つのではなく、速くしたり遅くしたりと、変化をつけて打っていきましょう。

また、インパクトの打点の高さにも変化をつけることでリズムを崩すことができます。

なるべく、スマッシュと同じように高い打点で取るのがベストですが、ほんの少しだけ打点を下げて打つだけなら問題ありません。

コンマ数秒の世界ではありますが、少しの打点の高さの差が、スピード感のある展開では、絶大な効果を発揮します。

フォームはスマッシュと同じように

一番注意しなくてはいけないことは、フォームに変化をつけてしまうことです。

フォームがスマッシュと全く別物になってしまうと、相手に簡単にバレてしまいます。

ですので、スマッシュと同じようなフォームでカットを打ち分けられるように練習をしてください。

カットの軌道を見直す

カットを有効打として使うには、打ち方だけでなく、シャトルの「軌道」も見直してみてください。

カットを攻撃的に攻めるには、ネットギリギリを狙うことよりも、相手が打ちにくい軌道で打つことが重要。

打ちにくい軌道というのは、ネットより手前に山の頂点を作ることです。

カットがプッシュなどで叩かれる時というのは、ネットを超えてから沈んでしまうような軌道の時です。

ネットを越えてから、シャトルのコルクが下に向くような軌道だと、相手も返しやすくなります。

ですので、ネットを越える前に、コルクが下を向くようなショット軌道を意識して打ってください。

カットの軌道

まとめ

もちろん、スマッシュに加え、ドロップなどのショットの精度を上げながら、カットを武器にしていくのが理想です。

カットを極めるばかりでなく、武器の一つとしてカットの精度を高めていけるようにしましょう。

実は、トップ選手の中でも、スマッシュに自信がない人も沢山います。

そんな選手たちは、このようなカットを工夫をして戦っている選手もいます。

威力とスピードのあるスマッシュを打てないと悩んでいる選手は、ぜひカットを武器にして戦術を組み立ててみてください。

【おすすめ!】

バドミントン初心者でも、すぐに実践できる!
相手が反応できなくなるほどの、速く、強烈なオーバーヘッドストロークを身につける方法を紹介

⇒ 大束忠司の「オーバーヘッド上達テクニック」はこちら
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中