ショートサービスを浮かない“4つ”のコツ

サービス・サービスレシーブ テクニック

サーブはバドミントンの試合で一番最初に打つ重要なショットです。

ショートサーブが浮いてしまうと相手に厳しいショットを打たれるし、一発で決められることもあります。

つまり、自分のサーブ次第でそのポイントでの優劣が大きく変わってきます。

バドミントンではテニスや卓球のように、攻撃的にサーブから攻めるのは難しい部分もあります。

だからこそ、サービスレシーブが有利と言われることもあります。

ですが、攻撃的に攻められなくても、相手の攻撃を抑えることは可能です。

そこで今回は、シングルスでもダブルスでもよく使われるバックハンドで打つショートサーブの浮かさない打ち方のコツをご紹介します。

サーブ練習のときから意識して、練習に取り組んでみて下さい。

シャトルの持ち方

シャトルの持ち方は、人差し指と親指でつまむようにして持つのが一般的です。

中には、親指と中指、薬指で持つ選手もいますが、自分なりにシャトルを打つときに、すぐに離すことができる持ち方であれば問題ありません。

またシャトルを持つ角度も大きく分けて2つあります。

シャトルを寝かせる

1つは、シャトルを寝かせた状態で持つ方法です。

ラケットを出す方向と垂直にコルクを合わせ、打つ方法です。

この持ち方の角度で打つと、素直にコルクに充てることができますので、弾く感じが強くなります。

ですが、ショートサービスのようにあまり力を入れない打ち方ですと、コルクに当てたあとにシャトルの羽根がガットに強く当たる可能性があります。

ですので、打った後はシャトルがブレてしまう可能性も高くなります。

※補足説明

ただし、ロングサービスを打つ場合は、強く打つ分球離れも早いので、羽根が強くガットに当たらなくなります。

その分、素直に飛んで行ってくれます。

シャトルを立てる

2つ目のシャトルを立てた状態で持つ方法です。

これは、寝かせて打つのとは逆で、コルクに当てたあとに、シャトルの羽根がガットに当たることがほとんどありません。

ラケットを下に入れて構える方法と、上からラケットを被せるように構える2つの方法があります。

被せて打つほうが、サービスが浮くのを抑えることができます。

ただし、弾くように打つとコルクと同時に羽根を打つことが多くなるので、注意が必要です。

あとで説明する打ち方の説明にも繋がってきますが、シャトルを寝かせて打つほうが、ショートサービスが安定しやすくなります。

打つのではなく“押し出す”

サーブが浮いたり、安定しない方はサーブを弾くように打っている方が多いです。

強く打てば、シャトルも素直に飛んでいくのですが、ショートサービスのように弱い力で弾くようにシャトルを打つと、羽根に空気抵抗が生まれ、安定した軌道で飛ばなくなります。

ですので、サービスを打つときはシャトルを“押し出す”ように打ってみてください。

押し出す感覚がわからないという方は、ラケットでシャトルを運ぶように打つ感覚でもかまいません。

打ちたい方向の軌道をイメージしながら、その軌道の上を沿って押し出すように打ちましょう。

このとき、親指を立ててグリップを握り、その親指でシャトルを前に押し出すようにすると、打ちやすくなります。

そのためにも、先ほどの持ち方のところで説明したように、インパクト時のブレを少なくするためにも、シャトルは立てるように構えることをおススメします。

できるだけ羽根がブレないように打つことが、ショートサービスを安定させるコツです。

テイクバックは最小限に

テイクバックはできるだけ小さくとって、最小限のスイングで押し出すように打ちます。

大きくテイクバックを取ると、押し出す軌道もズレてしまったり、また構えたところからインパクトがズレてシャトルが浮いてしまう可能性が高くなります。

ですので、構えたところから素直に押し出していくためにも、テイクバックは小さくとって打つことを心がけてください。

ただし、テイクバックを取らない分、フォロースルーはしっかりとってください。

ラケットの上部に当てる

ショートサービスで弾いて浮かないようにするのは、ラケット面の上部に当てるようにします。

ラケットの真ん中に当ててしまうと、たわみも多い分、差hシャトルを弾いてしまう可能性があります。

ですので、なるべくたわみの少ないラケットの上部で打つようにすると、弾かなくなり、サーブも浮きにくくなります。

慣れていない人は難しいかもしれませんが、練習で何度かチャレンジしてみてください。

まとめ;練習で微調整していこう!

まずは、今回紹介したショートサービスを浮かせないコツを実践してみてください。

そのなかで、シャトルを持つ角度であったり、押し出す力加減などは微調整していきましょう。

その中で、自分の感覚と実際に打ったショートサービスのイメージが合うようになれば問題ありません。

たくさん練習をして、相手が攻められないような“嫌らしいサーブ”を身に着けてください。