タグ:戦術が付いている記事一覧


小田ゆうか

フェイントって、試合を組み立てる要素として覚えておきたいスキルですよね?特に、初心者のうちからいくつか覚えておくと、試合に幅が生まれます。

練習法 小田ゆうか ダブルス

ダブルスで大事なことは、攻める姿勢を持つことです。攻める姿勢を持てないと、中々勝つことは難しいです。

小田ゆうか

相手に攻め込まれる時って、ついつい焦ってしまいますよね。焦ることでさらに焦ってしまい、さらに悪循環になってしまいます。しかし、対処法だけ知っていれば、焦ることもなく対処できます。

練習法 小田ゆうか シングルス

シングルスで中々攻められないと悩んでいる選手がいますよね?相手を攻めることができるようになる2つの方法を知れば、ラリーの主導権を握ることができて、攻めることができます。

講師一覧 有田圭一 ダブルス シングルス

今回は、点数を取るの中でも「思考を騙す」について、お話をしていきます。私はバドミントンには詰将棋的な要素が多く含まれると思っています。ですので、強打やコントロールショットは武器になりますがそれだけでは勝てません。大切なのは騙すこと。そして常に何か策があると思わせるように淡々とプレーすることは一つの戦術だと思っています。

講師一覧 有田圭一 メンタル パフォーマンスUP

今回は、点数を取るの中でも「感情を騙す」について、お話をしていきます。「人は感情の生き物である」と言われるように特にトーナメント試合では喜怒哀楽がよく見られます。感情の中で最もプレーに影響するのは「怒り」。この感情をコントロールすることで、結果も大きく変わってきます。

講師一覧 有田圭一 トレーニング パフォーマンスUP

ストレートに打つかクロスに打つか。もちろん人それぞれ癖がありますので一概には言えませんが、私の感覚では体の向いている方向、もしくは肘を引いた逆側にシャトルが来ることが多いです。右利きの場合ですが、フォアハンド奥からは十分に半身が作れればストレート、半身が浅ければクロス方向に来ることが多く、ラウンド側からは十分に半身が作れればクロス方向、浅ければストレート方向へと来ます。

講師一覧 有田圭一 シングルス

コントロールが今一つ安定しない状態でも、なんとか失点を減らし、自分の得点へとつなげるために中央付近を狙うというお話を前回しました。今回は徐々に狙う場所を広げていくイメージで考えていきます。

講師一覧 有田圭一 メンタル パフォーマンスUP ダブルス シングルス コラム

コートを広く使うのではなく、中央付近を狙います。まずはエラーを減らさないと得点されてしまうので、自らコート外に出すことは避けましょう。1)強い球を打つバドミントンはこのシャトルの初速が速いことに魅力があるのは多くのメディアでも語られますね。テレビ番組でタレントの方々がスマッシュを取ろうとするシーンをよく見ます。

講師一覧 有田圭一 トレーニング パフォーマンスUP ダブルス シングルス

今回はどのようにして点数を取るか、ということについて考えます。相手コートに入れられる確率、試合の流れを観ること、コート中央から狙う、とにかく返せる技術、「騙す」という戦略が必要ですが、ひとつずつ解説いたします。