ドライブが上手に打てるようになる練習法

ドライブ トレーニング

ドライブがしっかり打てるようになると、有利に試合を組み立てられます。

しかし、スピード感のあるしっかりとしたドライブを打てるようになるには、ある程度練習が必要です。

  • 何に気をつけて練習したら良いか
  • キレイなショットを打つためにはどうしたら良いか

と悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

この記事では、

  1. ドライブの打ち方のポイント
  2. ドライブを打つことによるメリット

を解説していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

ドライブの打ち方

ドライブは、攻めのショットのうちのひとつです。

シングルスで使うことは少ないですが、ダブルスではよく使います。

ダブルスの試合において、ドライブがきちんと打てないと試合に勝てないでしょう。

この章では、ドライブを打つときのポイントを解説していきます。

1.ドライブを打つときの基本的なポイント

ドライブを打つ際には、必ず利き足を一歩前に踵から踏み込んで打ちます。

  • 右利きの方は右足
  • 左利きの方は左足

を、一歩前に踏み込んでください。

このとき、シャトルを打つ前に足を踏み込んでいるようにしましょう。

シャトルを打ってから足を踏み込んでしまうと、ショットが不安定になりますし、転んでしまう原因にもなります。

また、踵から踏み込むことが大切です。

つま先から足を踏み込んでしまうと、捻挫の原因になります。

フットワークは、何より重要です。

フットワークに自信がない方は、実際にドライブの練習をする前に、足を使ってしっかり素振りをしましょう。

このとき、シャトルを打っているイメージをしながら素振りをすることが重要です。

2.フォアハンドでドライブを打つときのポイント

フォアハンドでドライブを打つ際には、「イースタングリップ」という握り方でラケットを持ちます。

ラケットヘッドはしっかり立てて、面が上を向かないように気をつけましょう。

面が上を向いてしまうと、ドライブが浮いてしまいます。

浮いたショットを打ってしまうと必ず叩かれるので、ラケットの面は上を向かないようにしてください。

シャトルを打つときのポイントは、次の4つです。

  • 自分より前で打つ
  • 肘を軽く伸ばす
  • 手首を軽くひねり、スナップをきかせて打つ
  • シャトルを打つ瞬間にラケットをグッと握る

しっかりポイントを守って練習すれば、必ず上達するでしょう。

3.バックハンドでドライブを打つときのポイント

バックハンドでドライブを打つ際には、「サムアップグリップ」という握り方でラケットを持ちます。

フォアハンドと同じように、ラケットヘッドを立てて面が上を向かないように注意しましょう。

また、ラケットの面が下を向いていると、ネットに引っ掛けるリスクがあるので気をつけてください。

シャトルを打つときのポイントは、次の4つです。

  • 自分より前で打つ
  • 肘を軽く伸ばす
  • 親指を立てて手首を使い、前に押し込むように打つ
  • シャトルを打つ瞬間にラケットをグッと握る

基本的には、フォアハンドでドライブを打つときと同じですが、フォアとバックの違いで感覚が結構違います。

どちらも、しっかり打てるように練習しましょう。

ドライブが打てるとパターンが増える

ドライブは、攻めのショットとして使われることが多いです。

しかし、試合中にドライブを打つことにより、自分たちの体勢を整えることができる場面があります。

試合中に攻めきることができずクリアーを打ってしまった場合、相手はスマッシュを打ってくると予測できます。

  • シングルスならサイドラインギリギリ
  • ダブルスなら真ん中

を狙われるでしょう。

シングルスなら、打ってきたところと反対側のサイドラインギリギリを狙って、相手のスマッシュのスピード感でドライブを打ちます。

すると、相手の体勢が崩れる可能性があります。

ダブルスだと少し難しいところですが、2つ手段があります。

  • スマッシュを打っていない人に向かってドライブを打つ
  • スマッシュを打ってきた人の奥に向かって、スマッシュを打ってきた人が届かない程度の高さで打つ

後者の場合ドライブではないかもしれませんが、大切なショットです。

ここで重要なのは、スマッシュを打っていない人に次のシャトルを打たせることです。

ドライブを練習して試合中のパターンを増やそう

試合に勝てない人にありがちなことは、「いつもパターンが決まっている」ということです。

相手に点数を取られる場合は、いつも同じ負けパターンを繰り返している可能性があります。

これでは、いくら試合をしても勝てるようにはなりません。

基礎打ちをしっかり練習して打てるショットを増やし、自分の組み立てのパターンを増やして試合に勝てるような練習をしていきましょう。

この記事を書いた人木下潤バドミントン上達塾編集部 木下潤
株式会社Real Style コンテンツ事業部所属。バドミントンやテニス、卓球など様々なラケットスポーツの情報発信や、スポーツ教材の企画・制作・販売を担当。当ブログは、年齢に関わらず、日本全国のバドラーたちの「上手くなりたい!」をサポートするために開設。基本的なテクニックや戦術はもちろん、元オリンピック選手や、世界チャンピオン、強豪校監督の考え方などいたします。メルマガもやLINEでも情報を配信しています(メール登録者数5,714人 2020年10月現在)。