バドミントンのスマッシュを的確に決められる方法と理想的なトレーニングについて

スマッシュ テクニック

バドミントンでポイントを得るために、力強いスマッシュを打てるようになれるように練習を積む人は多いです。

しかし、コツを掴むことができないと、ネットに引っかかってしまったりアウトになってしまうケースが増えてしまいます。

スマッシュのポイントを把握しながら、どうすれば自分なりに的確にスピーディーなスマッシュを打てるかを考えていきましょう。

打てない時には理由がしっかりと存在するので、理解しながら練習を進めていきましょう。

スマッシュが上達するとバドミントンもレベルアップできる

コツを掴めばスマッシュはいとも簡単に入るようになっていき、相手に反撃の間を与えずにポイントを得ることができます。

しかし、スマッシュの意味合いなどを考えなければ、肝心要なところでスマッシュを打てなくなってしまうので注意しなければなりません。

打ち出していく際に必要なポイントをちゃんと知っておくことによって、試合でもスマッシュを打つきっかけを見出すことができます。

スマッシュの重要性を理解してトレーニングを行う

スマッシュのトレーニングを行う時には事前にフォームなどをチェックして、速度を上げるコツを掴んでおくといいでしょう。

ポイントは打点を高くしながら、ラケットの面の中心で打っていくことです。

ガットの中心はラケットのしなりだけでなく弾力も活用できます。

中心部をスウィートスポットと表現する人もいますが、驚くほどスウィートスポットに当てると力を使わずに飛ばしていくことができます。

これがスマッシュの速度をアップさせるコツで、トレーニングでは意識していくといいでしょう。

攻撃的なスマッシュを打ちたい時に、驚くほど遠くに飛ぶこともあります。

フォームも意識しながら、ポイントを得られるスマッシュを放ちましょう。

打つ時にしっかりとエネルギーを伝える

スマッシュではエネルギーをシャトルにラケットを振った時に、ちゃんと伝えていくことが大切です。

そのために打点などを意識しますが、高い打点では面の真ん中で捉えていくようにしましょう。

すると、スマッシュを放った時にエネルギーがちゃんとシャトルへ伝わっていき、非常にハイスピードなスマッシュを打てるようになります。

しかし、ただスマッシュを勢いよくラケットを振っても、コントロールができないスマッシュは危険です。

相手に返されてしまうだけでなく、コートに入らないこともあります。

打点を意識しすぎて、理想的なコースに入らないこともあります。

打点や面それぞれを意識しながら、コントロールが整わない時には遅くても構わないので的確に打っていきましょう。

バランスを取ることも意識してスマッシュを打つ

スマッシュをスピードアップさせて正確に決めていくためのトレーニングは色々とありますが、利き手と反対側をどう対応するかが重要です。

ラケットを持っている手と反対側の手は、バランスを取っていくために活用します。

手を下ろすのはスマッシュを打つ時だけでなく、打つ前に手を下すのがポイントです。

タイミングを間違えてしまうとスマッシュのスピードが遅くなってしまうので、相手に打ち返されてしまいます。

タイミングを焦るとミスを犯す確率をアップさせてしまうので、アドバイスなどを貰いながらスマッシュのトレーニングに組み込んでいきましょう。

スマッシュのスピードをアップさせるポイントを理解する

スマッシュの意味合いなどを理解したところで、本格的にトレーニングを積み重ねていくことになります。

ポイントは初速を上げて相手に追いつかれてしまうことがないように心がけることですが、それ以外にも打つ時には精神状態も落ち着かせていくことが求められます。

初速を上げてスマッシュを決められるようにする

スマッシュは初速を上げることを意識していき、フォームも綺麗に整えていくことが重要です。

ラケットの面に当ててスマッシュを放つ瞬間で、振るスピードによってシャトルの速度も決まっていくことでしょう。

打った瞬間で最高速度が出ているかどうか、それは音を聴くことです。

初速がしっかりと出ているかどうかを、軽いパンという音が出るかどうかで判断することになります。

必ずいい音が正しくスマッシュを打てたことで生じるので、トレーニングでも聞けるように打っていきましょう。

違和感を感じる時には、スマッシュを打つ角度やフォームに問題が生じている可能性があります。

フォームを確認しながら、時間をかけてトレーニングを行うことが重要です。

スマッシュはリラックスすることは重要

どうしてもスマッシュは打つ時に力が入ってしまい、あらぬ方向へ飛んでしまうこともあります。

そうなると試合ではポイントにつなげることができず、負けてしまうことも増えるかもしれません。

スマッシュが失敗してしまう最大の要因は、打つ時に無駄な力みが生じることです。

乾いた違和感のある音と一緒に、シャトルがあらぬ方向へ飛んでしまうことでしょう。

スマッシュは意識しすぎてラケットを振ってしまうと、どうしても力が入ってしまいます。

自信が持てればスマッシュを打ちたくなることもありますが、初速を上げたい時には力んでしまうのは人間の性といえるでしょう。

それが何度も生じる時にはトレーニングの内容を見直して、改めてスマッシュのフォームなどのトレーニングを積み重ねていきましょう。

特に手首の力みが多い時には要注意で、力が入って固くなってしまうとラケットを振る時に力が全く反映されなくなります。

リラックスして手首をしなやかに振れるように、素振りも意識しながらトレーニングを積み重ねていきましょう。

まとめ

バドミントンではスマッシュを決め球に使う人も多く、相手の動きを把握して判断して打ち抜くケースがあります。

しかし、的確にコートの中に入れるためには、日々のトレーニングが大切です。

ラケットでシャトルを打つ時の音などを把握し、基礎体力をつけながらスピードアップとコントロールを手に入れていきましょう。

そして、力みなどを生じさせればコート内に入らないこともあるので、素振りなどで力の入れ具合などを確認してレベルアップしていきましょう。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中