ハーフショットを上手にコントロールする

ドライブ ネット前 テクニック

今までこのブログでは、ハーフショットを使った戦術をいくつか紹介してきました。

ですが、このショットが

・思ったより長くなってしまう

・逆に短くなってネットにかけてしまう

というように、なかなか上手くコントロールができなくて苦手という方も多いようです。

特に相手の球が速いわけでもないし、無理な体勢で打ちに行ってるわけでもない。

けど、安定しないくて、ミスにつながる…。

このような方には、もしかすると何かエラーの原因があるはずです。

今回はハーフショットエラーの原因と改善方法を解説します。

シャトルを前で捕えすぎてる

短くなったり、長くなったりと安定しない原因は、打点の位置が原因です。

苦手な人のほとんどが、ドライブと見せかけてハーフに落とそうとして、打点が前すぎること。

前で打つ方が相手との距離も近くなり、タッチが速くなるので、攻撃的ではあります。

また、行き急いで打点が前にパターンもあるかもしれません。

ですが、コントロールできなくてミスになっては意味がありません。

ハーフショットを安定させるのは、少し打点を後に下げてみてください。

気持ち、少しだけシャトルを呼び込んで打つイメージが良いかもしれません。

また、打点が前すぎないようにするためには、足の運び方も重要です。

右利きであれば、右足をシャトルの下に潜り込ませ、体を入れるようにしましょう。

 

シャトルを切るイメージが強すぎる

ハーフカットを打つ時、面を少し上に向けて下に切るように打つと思います。

ですが、「下に切る」という意識が強すぎるて、振り下ろすようなスイングですと、長さの調整が難しくなります。

ハーフカットを打つ時は、面を少し上に向けて「押し出す」イメージで打ちましょう。

シャトルを「運ぶ」イメージでも問題ありません。

このとき、面の角度は保ったまま「押し出す」ことがポイントです。

上に向けて押し出すとシャトルが浮きそうなイメージがあるかもしれません。

ですが、面を上に向けていても、前方向に打てばシャトルの浮きは抑えられます。

それでも浮いてしまう場合は、スイングスピードを少し速くするか、面の角度を調整してみてください。

後は、繊細なショットなので、タッチ感覚を養うために何度も練習して調整していきましょう。

スイングを止めている

インパクトと同時にスイングを止めてしまうことも、上手く長さを調整できない原因です。

もちろん、スイングを減速させていくことも、調整ができない原因でもあります。

また、スイングを止めてしまうと相手にも予測されやすくなります。

ですので、ハーフカットを打つ時は振り出しからスイングスピード変えないようにしましょう。

後は、どのくらいの速さで振れば上手く打てるのか、探してみてください。

また、先ほどの説明した、シャトルを「押し出す」長さも意識しながら、スインスピードも変えていきます。

どの範囲までなら、コントロールできるのか、探してみましょう。

例えば、押し出す力を10段階のうちの5のくらいで打つとします。

この時、スイングスピードも10段階のうちどのくらいのいくつまでならコントロールできるのかということです。

もし、押し出す力「5」でスイングスピードが「5」で打てたとします。

これができれば、応用を利かすことも可能です。

・押し出す力を「3」にして、スイングスピードを「7」で打つ

・押し出す力を「7」にして、スイングスピードを「3」で打つ

など、個人の感覚になってきますが、この2つを上手く調整することで、同じショットでも変化をつけることができます。

ちょっとした見かけのフェイントにもなりますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

まとめ

ハーフという中途半端な距離である分、繊細なショットにはなってきます。

ですが、具体的なイメージに置き換え、感覚さえつかめるようになれば、難しくはありません。

ダブルスでは多用するショットですので、しっかりマスターしていきましょう