【ダブルス】ハーフを上手く利用する

ダブルス

今回は、ダブルスの戦術についてご紹介させていただきます。

ダブルスでは陣形を逆手に取って、相手を崩しながら攻めていくのが基本です。

その中でも、今回紹介する方法は、ぜひ覚えておいてほしい攻め方です。

簡単にロブで逃げない

ロブやクリアーで逃げない限り、ダブルスでは相手も自分たちもトップ&バックの陣形になっていることがほとんどですよね。

そんな時、相手がネット近くに落としてきたとします。

あなたなら、どんなショットを打ちますか?

浮いていて、甘ければショットならば、プッシュで沈めていけば良いです。

ですが、厳しい場合はどのように返しますか?

大体は「ロブ」では、返すと思います。

次の自分のプレイへとつなげる、体勢を整えるには、このショット選択も間違いではありません。

ですが、簡単にロブで逃げてしまうと、相手の思うツボです。

シングルスならば、相手も一人なので、「ネット前」か「ロブ」かの2択で迷います。

ですが、ダブルスでは2人で両方待っているということ。

ネット前に返せば、前衛が待っていますし、容易に返すと決められてしまいます。

ですが、ロブを上げたとしても、後衛に攻められますよね。

つまり、相手がネット前を打ってきた時は、このどちらかを待ち構えているのです。

ハーフを上手く使う

ここで、相手のトップ&バックを崩し、攻めるためには…

「ハーフ」を上手く使うことです。

ハーフとは、青枠の位置あたりです↓

相手前衛の頭を越し、なおかつ後衛を動かせるようなハーフの位置に落としてみてください。

このときの注意点は、なるべく高い打点で取ること。

そうすることで、相手はヘアピンなのか、ロブなのか判断しにくくなります。

もし、打点が低くなった場合は、ストレートではなく、前衛の頭を越すようなクロスに返してください。

もちろん、高い打点で取ることができれば、ストレート方向にも返すことは可能です。

ハーフを多用しない

このハーフへのショットは、多用しすぎると前衛に張られ、捕まり易くなります。

ですので、何度もネット前に落としてみたり、ロブなども使いながら、要所で混ぜていくことがコツとなります。

前衛をひきつけることができれば、ハーフへのショットが有効打となります。

まとめ

このショットは、トップリーガーも良く使う戦術の一つです。

特にシニアでは、かなり有効なショットとなるのでもあります。

これがショットが使えるようになれば、相手を翻弄できます。

つまり、今まで体勢を整えるためのロブも有効打となり、後衛を振り回すこともでき、前衛にも簡単にプッシュを打たれなくなります。

ぜひ、このショットを使いこなしてみてください。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中