ダブルスで活用できる攻守の戦術とは?

練習法 トレーニング 長谷川淳一 ダブルス


バドミントンのダブルスでの試合の中で、コンビネーションをパートナーと取りながら相手から点数を取っていくことになります。

その中で、攻守ともにパートナーとコンビネーションをしっかりと取っていきながら、戦術を練っていくことも必要です。

内容を考えながら練習を進めていくことによって、試合でも考えた戦術を十分に活用することができます。

しかし、的確な戦術を練っておかないと、試合で全く意味がない状態になってしまうこともあります。

戦術を練っていく際に必要不可欠なポイントを押さえて、内容を組み込みながら練習を行うようにしましょう。

攻撃に関する戦術を考えて試合に活かす

ダブルスできっちりと勝利を収めるために、ペアでコミュニケーションなどを取っていく必要があります。

その中で相手に攻撃を仕掛けていく際に、様々な戦術を練ることもあります。

その際に考えておくべきポイントを理解しておき、試合に活用していくようにしましょう。

トップアンドバックにおける攻撃方法

バドミントンでは、トップアンドバックでダブルスの試合を展開することが多いですが、ここではしっかりと決めていく行く戦術が求められます。

シングルスと異なる体制で戦うことになるダブルスは、スマッシュを後ろから本気で打ったところで得点を得ることは難しいでしょう。

基本的に、絶好の動きをするシャトルが自分たちのコートに落ちてこようと、じっくりと相手の出方もチェックしながら打ち返すことが必要です。

打ち返す時にスマッシュを放ったとしても追いつかれてしまったり、打点がうまくいかずに甘い球を相手に返してしまうこともあります。

強く返すことを意識せず、着実に何回か打っていきましょう。

そうして体勢が崩れてきたところで、一気に攻めていくのがポイントです。

丁寧に返していくことでチャンスを掴む

スマッシュなどで威力あるリターンをしても、相手に簡単に返されるケースは少なくありません。

丁寧にしっかりと相手の意表を突くコースを狙っていくことによって、綺麗に奥へと返されることも少なくなることでしょう。

徐々に何度も返されたとしても、相手の返球は甘くなってくるケースもあります。

そうなったら、前へどんどん詰めながら速さを増していき、追い詰めていければ得点に結びつけることもできます。

最後のプッシュが上手に決まるように戦略を練っていきますが、最初は理想通りに簡単に出来るものではありません。

いつでも対応できるように、戦術を練りながら練習を積み重ねながら、相手のスキを狙えるようにしましょう。

ポイントは体付近を狙う打ち方で、相手からドライブへ変えていく甘い返球を誘っていくことができれば完璧です。

センター狙いで考える戦術を練っていく

相手の真ん中を狙っていくセンター狙いという方法も、攻撃を行う際のバリエーションに取り入れることも重要です。

相手の心臓に近い部分を狙っていく感覚で打っていくと、コントロールが乱れることも少なくなります。

相手から見れば嫌なショットとなるので、ウィークポイントとなります。

コントロールでは重要なポイントとなるので決して簡単ではありませんが、攻め方で一味変えたいといった形で戦術を練っていくと意表を突く形になります。

攻めだけでなく守りも重要なポイントとなる

ダブルスは、攻めていくだけではなく、守りも強固にしなければなりません。

二人のコンビネーションをしっかりと整えていくことも重要ですが、守る上で必要なポイントを押さえていくことが重要です。

またテクニックも磨くことによって、コンビネーションと組み合わせて対応していくことができます。

守りのポイントはとにかく粘ること

守りの戦術を組み立てていく中で、とにかく重要なのがひたすら粘っていくことです。

時には、相手が弱く打ったり強く打ったりと、コートを最大限に使ってもらおうとシャトルを打ち返していきます。

こうなるとコートを何往復することもあり、体力は奪われてしまうことでしょう。

しかし、どんな辛い返球でも返されてしまうと、相手の精神力は一気に奪われて鬱陶しいと感じることもあります。

結果として相手はミスをしてしまい、自分たちが得点を得られることもあります。

攻撃をいつか行えるように粘っていきながら、相手のスキを見つけていきましょう。

スマッシュを打たれても怖くないと考えられる方を後ろに配置して、永遠に打っても返していける威圧感を与えられると勝利は近づきます。

そして練習でも、しっかりとスタミナを付けていける練習方法を考えていきましょう。

ドライブリターン習得すると相手に効果的

ドライブリターンは、スマッシュを相手が打ってきたときにも、ドライブによってリターンを行っていく技術です。

サイドバイサイドで前に少しで構えていきながら、スマッシュを打ってきたら早めに捉えていきます。

それを、クロス状にドライブによって返していきます。

技術面でレベルアップしなければならず、打つのが難しいもののちゃんと決まると相手は嫌がることでしょう。

まとめ

ダブルスで勝利するためには、攻撃も守備もコンビネーションなどを駆使して戦術を組み立てていくことが重要です。

様々なパターンを考えていくとともに、自分たちにマッチしている戦術を把握することが求められます。

  • サイドバイサイドなどが合うのか
  • アレンジやペア独自の組み立て方を考えていくか

検討する必要があります。

コンビネーションを考えながら、理想的な戦術を作っていきましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バドミントン上達塾では、バドミントン上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バドミントン上達のためのDVD教材の販売も行っております。バドミントンに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@badminton-life.com
この記事を書いた人長谷川淳一長谷川淳一
バドミントンは少しずつ知識をつけながら、練習を行っています。自分自身の見聞を広げつつ、様々なジャンルの記事を作成しております。様々な身につけておきたいバドミントンの情報を、しっかりと調べて記事作成を行ってまいります。

新サービス開始!バドミントンレッスン動画が980円で見放題!

バドミントンレッスン動画が月額980円で見放題

先着100名様限定!500円で人気教材をGETしよう!

LINEの友だち登録をするだけで、トップ選手の戦術がたった500円で学ぶことができます。

福井剛士コーチの攻撃的ダブルス教材(DL版)を
先着100様限定で
ワンコインの
500円で手に入れるチャンス!

詳細はこちらをクリック!