ダブルスにおけるサーブの上達方法とは?

サービス・サービスレシーブ 小田ゆうか ダブルス

今回のテーマは、「ダブルのサーブ上達方法」です。

ダブルスプレーヤーの方は、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

  • ショートサーブが怖い
  • どうすれば浮かないサーブが打てるの?
  • ロングサーブ打つと、攻められてしまう
  • 相手の体勢が崩れるサーブレシーブってどうすれば打てる?

そんなお悩みを解消致します。

本記事では、

  • 浮かないサーブが打てるコツとおすすめ練習法
  • 効果的なサーブレシーブが打てるコツとおすすめ練習法

をお伝えします。

本記事を読むことで、攻める体勢が作れるので、ラリーの最初から有利になります。

また、サーブまわりに対してのニガテ意識がなくなります。

ぜひお読みください。

浮かないサーブが打てる!攻めを作れる方法とは

1-1、オススメ練習方法

ありきたりですが、「サーブを何本も打つ」です。

体で覚えるためです。

ノックのようにサーブを何本も打ち、

  • どの体勢だと浮かないのか
  • どうすればきれいに入るのか

を考えて、いつでもそれを打てるようにします。

そのときにプラスするのが、レシーブ相手です。

相手を考えて打てるので、ただ打つよりも確実にレベルアップします。

試合を想定して、本番と同じ気持ちで臨みましょう。

1-2、オススメコース

「センターライン側」(サイドには打たない)理由は、サイドに打ちづらい特徴があります。

相手のフォア側の場合は、真ん中に打つのも返しづらいので効果的です。

サイドに打つのは、たまににしましょう。

そこで注意してほしいのは、浮いたり読まれたりすると、サイドに落とされて苦しくなってしまいます。

センターに打つ体勢で、サイドに打てるように練習しましょう。

1-3、ロングサーブの頻度は?

たまに、ロングサーブでOKです。

何度も打つと、読まれて攻められてしまいます。

たまに打つからこそ効果的です。

ちなみに、低いと打ちづらいのでオススメです。

ただ上げてしまうと時間ができて、攻められてしまいます。

低すぎても一瞬で取られてしまいますが、相手の身長や体勢がどうなっているのかなど、よく相手を観察するようにしましょう。

相手を困らせる!サーブレシーブのコツと練習方法

2-1、オススメ練習方法

「1.5往復するサーブ練習」

  1. サーブを打つ
  2. レシーブする
  3. レシーブする

この流れでサーブ練習しましょう。

サーブレシーブの次はどこに来るのかがコースごとに分かるので、サーブレシーブの効果的なコースが分かります。

また、ライバルと行うと、どこに返ってくるのか確認できます(笑)

2-2、オススメコース

真ん中のサイド

2人が前後になっていると思うので、真ん中のサイドに落としましょう。

2人の間で、お見合いしやすいです。

浮いたり距離が短いと、前衛に打たれるので注意が必要です。

また、ネットに引っかからないように打たなければいけないので、瞬発力が大事になります。

フェイントも効果的なので、練習しましょう。

1-1でお伝えした、レシーブ側の方がこの練習を行うと効率が良いです。

前衛ボディ

2人の真ん中に打つイメージです。

角度をつけられる時に、打ちましょう。

浮くと、相手は楽になってしまいます。

サーブレシーブはだいたい人のいないところに来るので、真ん中サイドなどに気を張っています。

ですので、たまにボディに打つとかなり効果的です。

まとめ

以上、浮かないサーブが打てるコツとおすすめ練習法や、効果的なサーブレシーブが打てるコツとおすすめ練習法をお伝えしました。

まとめると、以下の通りです。

  • サーブ練習とサーブレシーブ練習は、レシーブ相手をつける
  • サーブは基本センターライン側
  • たまにロングサーブやサイドに打つと良い
  • サーブレシーブはポケットか前衛ボディ
  • 浮いたり距離が短いと前衛に取られるので注意

せっかく点を取っても、しっかりサーブを打たないと勝てません。

ダブルスは、サーブ周りが特に大事です。

サーブやサーブレシーブで、攻める体勢を作りましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バドミントン上達塾では、バドミントン上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バドミントン上達のためのDVD教材の販売も行っております。バドミントンに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@badminton-life.com
この記事を書いた人小田ゆうか小田ゆうか
小学1年生から高校3年までの12年間、バドミントン選手として活躍。小学生時は全国大会団体優勝経験のあるチームに所属。試合ではダブルスで度々県大ベスト4入りし、関東ベスト8まで上りつめた戦歴を所持。現在は12年間で得たバドミントンの知識を発信している。