シャトルの豆知識(素材と飛び方)

コラム

バドミントンをするうえで必ず欠かせない「シャトルコック」(以下シャトル)。

今回は、知ってそうで知らないシャトルの豆知識をご紹介します。

シャトルの構造

コルク

羽根を植え付けてる部分で、弾力性に優れています。その上にレザーを被せています。

コルクにも2種類あり、天然か天然+合成素材を組み合わせたものがあります。

こちらも天然の方が価格も高くなる分、ヘタりにくい。

このコルクは直径25~28ミリの大きさです。

羽根

シャトルには16枚の羽根を使用し、羽根の長さは先端から台の上まで62~70ミリの範囲で同じ長さに統一されています。

羽根の素材は水鳥や陸鳥の羽を使用しています。

水鳥とはガチョウやアヒルで、陸鳥はニワトリの羽根です。

価格が高いシャトルは耐久性のある水鳥の羽根を使用しています。

1羽から採取できる羽根は左右わせて14枚ほど。そのためシャトルを1つ作るのに2羽が必要です。

なお、シャトルは食材用に育てられた鳥の廃材を使っているそうです。

羽根は受ける側から見て、右回転になるように植え付けられています。

もし、回転せずに飛んで行った場合は、不規則な軌道で飛んでいきます。

つまり、シャトルは回転することで、周りの空気の流れが安定し、まっすぐ飛んでいくのです。

もちろん、羽根が折れたり、形が崩れると、空気の流れも変わり、安定しません。

重さ

重量は4.74g~5.50gと決められいます。

コルク部分は約2g、羽根や糸、接着剤でで3g程度です。

(補足)シャトルの語源

シャトルバスやシャトルランなどという言葉にもあるように、シャトルとは「往復するもの」という意味があるようです。

シャトルの飛び方

基本的にはラケットで打つとシャトルは

「すぼむ」→「復元」→回転」→「減速」

この順番で飛んでいきます。

 

すぼむ

当たった瞬間はシャトルの羽根はすぼんでしまいます。

この時は空気抵抗も少なく、周りの空気の流れで羽根がすぼんでしまいます。

一つの“塊”となるので、初速も速くなり、トップ選手だと時速400㎞近くにもなります。

(ちなみにギネス記録は時速493キロ!)

復元

すぼんでいたシャトルが、元の形に戻ろうとしまう。

当たった瞬間よりも空気抵抗を受ける面積が増えてくるので、少し遅くなります。

回転

空気抵抗が大きくなると、羽根の植えている向きに力がかかり、回転をし始めます。

回転は受け手側から見て、時計回り(打つ側からは反時計回り)となり、このときも減速する力は大きくなっています。

減速

シャトルが進みにしたがって、回転や空気抵抗も大きくなり、減速も大きくなってしまう。

手元に来るときは、時速50~60キロくらいになるといわれています。

まとめ

シャトルは天然のものが多いですが、一つ一つにブレの無いようにメーカー側の様々な技術が詰まっています。

そして、シャトルがどんな風に飛んでいき、回転しているのかをしることで、ラケットの当て方などの工夫もでき、技術向上のキッカケにもなります。

ぜひ、覚えておいてくださいね。

WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中