フットワークが大事な理由とオススメ練習法

練習法 トレーニング 小田ゆうか フットワーク

今回のテーマは、フットワークが大事な理由とオススメ練習法についてお伝えします。

  • いつも同じパターンで動いてるけど意味あるの?
  • せっかく練習するなら意味のある効果的な練習がしたい
  • オススメな練習方法が知りたい

こんな悩みを、解消します。

フットワークは基礎中の基礎で、正しく覚えることが大事です。

この記事を読めば、フットワークのレベルが上がり、強くなることができます。

是非お読みください。

フットワークを練習すれば、「攻めることができます」

フットワークを練習すると、正しく動けるようになります。

正しい動きは、無駄のない動きと同義です。

どんなところにシャトルが来ても、タッチが早くなり、素早く相手に返すことができます。

相手がひといきする時間を削ることができるので、攻めに繋がるというわけです。

相手が攻めてくる時でも、素早いタッチで攻めに転換することもできますし、全体的に攻めのチャンスが増えるのです。

例えば、ネット前に来たカットをネットの上の方で取ることができれば、フェイントで返すことができますよね。

タッチが遅くて良いことはないので、しっかり練習しましょう。

今までとは違った、攻撃型プレーに成長できます。

フットワークを練習すれば、「様々なパターンの動きを習得できます」

初心者は特に、ステップ踏みながらラリーすることに苦戦することもあるのではないでしょうか。

ただただ、走ってシャトルを追うことが多いと思います。

ですが、バドミントンは走り回る競技ではございません。

ステップを踏んで、効率よくシャトルを取る必要があります。

最初は難しいかもしれませんが、ステップでコートを動かないと、

  • 間に合わない
  • フォームが崩れる
  • センターポジションに戻れない

など、様々なところで支障がでます。

そこで、フットワークが大事になるのです。

フットワークは、様々なパターンの動き方を習得することができます。

やればやるほど、「ステップ踏みながらラケットを振って動く」スキルを身に付けることができます。

フットワークで様々なパターンの動きを覚えることができれば、どんなラリーでもステップで簡単に取ることができるようになるのです。

フットワークの他にも、ステップの練習をすることで更に効率よく上達することができるでしょう。

おすすめ練習方法

3-1 シャトルを意識して動く

フットワーク練習の動きは決められているものばかりで、どうしてもただラケットを振って足を動かすだけになってしまいます。

それでは、意味がありません。

特に、センターポジションに戻ることがテキトーになってしまいます。

「前に行ったら次は後ろ」と、思ってしまっているからです。

ラリーを意識して、

  • 自分はどこに打ったのか?
  • そのあと相手はどこに返すのか?

を考えながら練習しましょう。

3-2 6点ランダムフットワーク

誰かに、6点をランダムで指示してもらうフットワークです。

練習ではランダムではなく、1部分の動きを繰り返し行うことが多いと思います。

たしかに、1部分を習得するのはもちろんですが、ずっとその練習では意味がありません。

ランダムに指示してもらうことで、様々なパターンの動きを習得できるので是非練習してください。

まとめ

今回は、フットワークが大事な理由とオススメ練習法について、お伝えしました。

まとめると以下の通りです。

  • フットワークを練習し上達することで、攻めることができかつ様々なパターンの動きを習得できます。コート内で効率よく、素早く動くためにフットワークの練習は不可欠です。素早く動くほど攻めにつながります。
  • シャトルを意識して練習しましょう。そして、特に効果的な練習方法は、誰かに6点ランダムで指示してもらうフットワーク練習です。

フットワークを習得して、バドミントンの更なるレベルアップを目指しましょう。

この記事を書いた人小田ゆうか小田ゆうか
小学1年生から高校3年までの12年間、バドミントン選手として活躍。小学生時は全国大会団体優勝経験のあるチームに所属。試合ではダブルスで度々県大ベスト4入りし、関東ベスト8まで上りつめた戦歴を所持。現在は12年間で得たバドミントンの知識を発信している。