スマッシュは投球フォームから学べ!

スマッシュ テクニック

今回は、一つ上のステップに行くための、スマッシュのコツについてご説明いたします。

威力を出し、切れ味を出すためには、様々な要素が必要です。

少し、難しいかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

パワー=スピード×重量

速くて、切れのあるスマッシュを打つためには、単純にパワーがあればいいというわけではありません。

ですので、どれだけ筋肉を鍛えても速くならない人は、スマッシュに威力は出ません。

ところで、こんな公式を見たことはありますか?

F=ma

F : 力(パワー)
m : 物体重量(重さ)
a : 加速度(スピード)

これは、高校生くらいで学ぶ運動方程式の公式です。

パワーを出すためには、スピードと重量が関係してくるということを示しています。

スマッシュで言えば、スピードは「スイングスピード」であり、重さは「体重」です。

これを上手く掛け合わせることで、スマッシュに威力が出てきます。

重心移動

まず、パワーを上げるために必要な重さは、体重と言いました。

この重さを最大限に使うには、重心移動です。

自分の身体の重心を移動距離が長ければないほど、大きな力が生まれます。

ですので、しっかりと軸足で溜めて、打つ時には踏み込み足に体重を乗せることでパワーが出ます。

またジャンピングスマッシュは、飛んだ力を、落とす力に変換しています。

これも重心が移動していますよね。

さらにジャンプし、少しでも前に飛ぶことができれば、前への移動を落ちる力が加わります。

スイングスピード

これは様々な運動連鎖によってスピードが増幅し、速くなります。

足の踏み込み

体幹のひねりとひねり戻し(回転運動)

弓のような体の反りと反り戻し

肩甲骨の大きな動き

腕のしなり

前腕の回内・回外…

沢山の動作がありますが、これを一つずつ分けて使うのではありません。

すべて連動させることで、スイングスピードが加速していきます。

イメージは大きくて太いムチです。

持ち手である根本(足)から連動させて、先端(ラケット)を走らせるイメージです。

ボールを投げる動作から学ぶ

では、スマッシュのパワーを出すには、動練習すればいいか?

それは、野球選手の投球動作をマネしてみてください。

ですので、練習法としては「綺麗なフォームでボールを投げれる」ようになることです。

単純かもしれませんが、綺麗なフォームで速く、遠くに投げるのは意外と難しいです。

そして何より、先ほど話した、「重心移動」や「スイングスピード」の運動要素がすべて詰まっています。

ですので、自宅などで素振りをする場合も、ボールを投げるように振ってみてください。

タオルを振る練習でも構いません。できるだけ、「大きく、鋭く」触れるようになるのがポイントです。

プロ野球選手のピッチング動作の動画を見たり、連速写真の画像を見て、イメージしながら練習してみてください。

補足

野球などでは「球離れが遅い」という言葉をよく使います。

これは、ボールが手から、なかなか離れないことを指します。

球離れが遅くなると、バッターはタイミングが取りづらくなります。

そして、投げる出どころも分かりにくくなり、打ちづらくなるのです。

これはバドミントンでも同様です。

綺麗な投球動作のように投げることができれば、スマッシュでも同じような効果を発揮できます。

ぜひ、挑戦してみてください。